1. トップ
  2. ファッション
  3. 三陽銀座タワーがオープン - 100年コートの裏地を歌舞伎の衣装柄にカスタマイズするオーダー会開催

三陽銀座タワーがオープン - 100年コートの裏地を歌舞伎の衣装柄にカスタマイズするオーダー会開催

  • 2015.7.31
  • 1706 views

三陽商会が、銀座8丁目に同社を代表するブランドを集めた「SANYO GINZA TOWER(三陽銀座タワー)」をグランドオープンする。開業日は、2015年9月19日(土)。

「三陽銀座タワー」は、設立以来大切に培ってきた“こだわりのものづくり”と、これからの“新生SANYO”を体感できるタワーとして誕生。

HARMONIZE(伝統と革新)をストアコンセプトに、ビル内には三陽商会が2015年秋より発売する新ブランド、「マッキントッシュ ロンドン(Mackintosh London)」や「ブルーレーベル・クレストブリッジ」、「ブラックレーベル・クレストブリッジ」をはじめ、同社のものづくりを体現する新ブランド「サンヨー・エッセンシャルズ」等、全7ブランドを展開する。

このタワーのオープニングイベントとして、日本製トレンチコート「100年コート」において、その裏地と着脱可能なライナーを、歌舞伎のさまざまな衣裳に使用されている「翁格子」を元に開発した「三陽格子」柄 にカスタマイズできるオーダー会が開催される。期間は2015年9月19日(土)から、23日(水)まで。

「翁格子」とは、歌舞伎のさまざまな演目の衣裳に用いられ、太い格子の間に、細い格子を入れ込んだ格子柄。これを元に創り上げられた三陽格子は、伝統ある格子を日本の伝統的な色と、三陽商会と関連の深い色を組み合わせてアレンジし、現代的に表現している。

2015年秋冬シーズンからは、ダブルトレンチロングコートとバルマカーンロングコートが新しく追加。よりバリエーションを増やしたコートに、歌舞伎テイストを加えて、和風の演出をしてみては。

【店舗概要】
SANYO GINZA TOWER (三陽銀座タワー)
住所 : 東京都中央区銀座8-8-9
売場面積:1,439.05㎡(約436坪 オフィスを除く総売場面積)
オープン日:2015年9月19日 グランドオープン(9月1日より三陽銀座タワーとして運営)
営業時間:11:00~20:00
休館日:不定休
■フロア構成
9F ポール・スチュアート(メンズ)
8F ポール・スチュアート(ウィメンズ) / ポール・スチュアート スポーツ
7F オフィス
6F サンヨー・エッセンシャルズ / カスタマーズ サロン
5F マッキントッシュ ロンドン(メンズ)
4F マッキントッシュ フィロソフィー(メンズ / ウィメンズ)
3F マッキントッシュ ロンドン(ウィメンズ)
2F ブラックレーベル・クレストブリッジ
1F ブルーレーベル・クレストブリッジ / ブラックレーベル・クレストブリッジ
B1 ブルーレーベル・クレストブリッジ

【オーダー会概要】
期間:2015年9月19日(土)〜23日(水)
会場:三陽銀座タワー 6階
価格:コート本体価格+50,000円+税
デザイン:「100 年コート」紳士4型、婦人3型の7型からセレクト