1. トップ
  2. ダイエット
  3. 腰周りの贅肉を引き締め◎ 1日10回【細い腰周り】に導く簡単習慣

腰周りの贅肉を引き締め◎ 1日10回【細い腰周り】に導く簡単習慣

  • 2021.11.29
  • 26053 views

ヘルシーで細見えするボディラインに整えるためには、体の前側(お腹や太ももなど)だけでなく、後ろ側(背中やお尻など)も含め全方位からの引き締めが肝心。そこで習慣に採り入れたいのがピラティスの簡単エクササイズ【ニーロッキング】。腰周りを全方位から引き締めるので、くびれ作りにも効果を期待できます。

ニーロッキング

“ストレッチ+ねじる”という動きで脇腹から背中をストレッチ。同時にお腹側からも背中側からも引き締めを図るエクササイズになります。お腹の筋肉を意識しながらゆっくりと行うのがポイントです。

(1)仰向けに寝て両脚のひざとくるぶしをつけ、両腕を手のひらを上にして体の横に置き、一旦息を吸って息を吐きながらお腹を凹ませる

腰周りの贅肉を引き締め◎ 1日10回【細い腰周り】に導く簡単習慣

(2)両ひざをお腹に近づける

腰周りの贅肉を引き締め◎ 1日10回【細い腰周り】に導く簡単習慣

(3)ゆっくり息を吸い、ゆっくり息を吐きながら両ひざを左に倒していき、腰が反らない程度までお腹をねじる

腰周りの贅肉を引き締め◎ 1日10回【細い腰周り】に導く簡単習慣

▲お腹が床から離れないようにし、膝を曲げる時はお腹の力を使うのがポイントです

(4)ゆっくり息を吸いながら両脚を(2)の位置に戻す

腰周りの贅肉を引き締め◎ 1日10回【細い腰周り】に導く簡単習慣

続いて同様にお腹を右側にねじりましょう。このお腹のねじり運動を“1日あたり左右各5回を目標”に繰り返し実践します。なお、実践時は「腰を反らさないこと」がポイント。腰が反ってしまうと前ももに余計な負荷が掛かってしまい、腰を痛めてしまうおそれもあります。必ずみぞおちをお腹に入れこむイメージで、背中を床にくっつけた状態で行いましょう。

腰周りのシルエットをスッキリ引き締めてくれる【ニーロッキング】は正しい姿勢で行うことで腰の痛みの緩和も期待できます。スタイルアップを狙う方はもちろん、ぜひ腰の痛みに悩まされている方も、ぜひ習慣化してみてくださいね。<ピラティス監修:KEI(インストラクター歴3年)>

元記事で読む