1. トップ
  2. ファッション
  3. 意外と知らない下着の常識!ニットのセットアップに必要なのは「ラインレス」と「スタイルアップ」の両方を叶える優秀下着

意外と知らない下着の常識!ニットのセットアップに必要なのは「ラインレス」と「スタイルアップ」の両方を叶える優秀下着

  • 2021.11.28
  • 5077 views

暖かくて動きやすく、ほどよくきちんとした印象にもなるニットのセットアップ。秋冬のおしゃれには便利ですよね。ただボディラインを拾いやすいので、下着選びを油断すると、ブラジャーが背中に食い込んで段差になったり、ショーツラインが出たりする場合も。

「大人の女性がニットのセットアップを美しく着こなすには、ラインレスでスタイルアップできる下着をぜひ活用して」とランジェリーライターの川原好恵さん。ラインレスとスタイルアップの両方を叶える下着とは? さっそく教えていただきましょう。

背中の段差とショーツラインは下着で消すのが正解!ニットのセットアップに自信がもてる下着とは?

ランジェリー_1
凸凹のないボディラインでニットのセットアップをより美しく着こなして

ニットのセットアップを着るときに気をつけたいのは、背中の段差とショーツライン。背中の段差は、脇高タイプやバックベルトにゴムを使っていない仕様のブラジャーでもある程度対処できますが、おすすめしたいのはボディシェイパーと呼ばれるベストのようなもの。シェイプ機能があり、着用するだけで背中全体をすっきり見せてくれる便利なアイテムです。

下半身も要注意です。「厚手だから大丈夫」と思っても、階段を登ったときやちょっと前屈みになったときに、意外にくっきりとショーツラインが出てしまうことも。それに、ニットスカートはぷりっと上がったヒップだと、よりいっそう美しくスマートに見えます。そんなヒップに導いてくれる下着は、やはりロングガードル。大人の女性なら1枚持っていれば損はありません。

そして、乾燥する季節になると気になるのが静電気。ニットスカートが脚にまとわりついてラインがくっきり出てしまっては不快ですし、なにより美しくありません。そんなときはペチコートの出番。薄手素材のスカートのときは透け防止にも活躍します。

ニットのセットアップを美しく着こなすための下着はこの3つ!

ランジェリー_2
ボディシェイパーとロングガードルをセットで着用すれば、ボディラインもすっきり

ボディラインが出やすいニットのアンサンブルを美しく着こなすために必要なのは、下着の存在を感じさせず、スタイルアップできる下着。着るだけでボディラインが整う優秀下着を活用しない手はありません!

■1:背中はラインレスで上半身全体をスタイルアップできる「ボディシェイパー」
ランジェリー_3
バスト部分がオープンになっているタイプは、手持ちのブラジャーに重ねて着るだけなので便利です

ブラジャー下のおニクのはみだしや胃の出っ張り、背中のブラジャーのくい込みなど上半身全体をカバーできるのがボディシェイパー。適度にパワーのある生地で上半身全体をシェイプする機能があります。バスト部分がオープンになっていてブラジャーの上に重ねて着るタイプと、ブラジャーと一体化したタイプの2種類があり、いずれもバストの丸みはつぶさず、メリハリボディがメイクできるのが特徴。後ろ姿にぐんと自信がつきます。

あまり聞き慣れないアイテムかもしれませんが、ワコールやトリンプなどの大手下着メーカーでは販売されていますので、ぜひチェックを。

■2:ヒップラインを上げて、腰まわりをすっきりさせる「ロングガードル」
ランジェリー_4
上向きのヒップはニットスカート姿をランクアップさせます

ニットスカートが似合う上向きヒップをメイクできるロングガードルは、大人の女性の強い味方。しかもショーツラインが出る心配もありません。ウエストラインの上におニクがのって段差ができないように、ジャストウエストまたはハイウエスト気味のものを選ぶようにしましょう。

太ももまであるロングガードルは、その上にストッキングやタイツを履けば暖かいので、冬の冷え対策にもなります。

■3:脚にスカートがまとわりつくあの不快感を解決できる「ペチコート」
ランジェリー_5
スカートの下にペチコートをはけば、足さばきも快適

空気が乾燥する冬は、静電気でスカートが脚にまとわりつくことも多々。見た目もスマートではないので、ペチコートをはいて解消を。とくにニット素材の場合は滑りが良くなって、歩きやすくなります。ペチコートの丈はミニ丈から膝下丈までさまざまなので、ワードローブのスカート丈を確認して、合う丈を選ぶにしましょう。

ボディラインに自信がもてれば、自然と背筋が伸びて姿勢が良くなり、ニットのセットアップ姿がランクアップ。ボディラインが出やすいからと敬遠せず、ぜひ秋冬のおしゃれに取り入れてみてくださいね。

元記事で読む