1. トップ
  2. スキンケア
  3. 【日替わりで名湯に入れる?!】温泉気分を味わえる、特別なお風呂時間!贅沢な入浴剤をご紹介します。

【日替わりで名湯に入れる?!】温泉気分を味わえる、特別なお風呂時間!贅沢な入浴剤をご紹介します。

  • 2021.11.25
  • 327 views

皆さんは、毎日の入浴でゆっくり湯船につかっていますか?

だんだんと気温も低くなり、冷えた体を温めてくれるお風呂は最高ですよね。

せっかくなら、入浴剤も入れてさらに贅沢なくつろぎ時間にしてみましょう。

なかなか旅行に行けない今だからこそ、おすすめしたい入浴剤があります。

バスクリンから発売されている「日本の名湯」です!

日本の名湯のすごいところは、各地の温泉地成分表をもとに作られています。

さらに、温泉地公認の入浴剤なんです。

今回はその中でも、

「一度はつかりたい憧れ至福の贅沢」シリーズをご紹介していきます。

「日本の名湯:一度はつかりたい憧れ至福の贅沢」おすすめポイント

イメージ

なんといっても温泉地公認であること。

開発者が温泉地に直接訪れ、徹底的に研究して作られています。

また、各地それぞれの地域の良さを色や香りで表現しているところも魅力的です。

本当に名湯につかっているような贅沢な気分を味わえます。

至福の贅沢シリーズには全部で10種類入っており、

内容は、にごり湯4種・透明湯6種となっています。

イメージ

「日本の名湯:一度はつかりたい憧れ至福の贅沢」内容紹介

にごり湯
登別カルルス

北海道の蝦夷の湯をモデルに作られています。

オゾン地帯の原生林を感じさせる自然あふれる爽やかな香りです。

乳頭

秋田県の田沢の湯をモデルに作られています。

イメージ
イメージ
イメージ

乳頭山からの風が運んでくれる心が穏やかになる緑葉の香りです。

山代

石川県の加賀の湯をモデルに作られています。

イメージ
イメージ
イメージ

加賀の爽やかな風が運んでくれる、あまい菖蒲の花の香りです。

イメージ

さらに青いお湯でとっても綺麗でした!

黒川

熊本県阿蘇の温泉地黒川の湯をモデルに作られています。

イメージ
イメージ
イメージ

田の原川から吹く爽やかな風に乗って漂うやさしい野花の香りです。

個人的には一番好きな香りでした。

透明湯
鳴子

宮城県の陸奥の湯をモデルに作られています。

イメージ
イメージ
イメージ

懐かしさを感じさせる心温まるような温泉の香りです。

那須塩原

栃木県の下野の湯をモデルに作られています。

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

自然溢れる渓谷の山々から香る若葉と松葉の香りです。

野沢

長野県の信州の湯をモデルに作られています。

菜の香りをのせた爽やかな風や新鮮な水をイメージした香りです。

奥飛騨新穂高

岐阜県の奥飛騨の湯をイメージして作られています。

イメージ
イメージ
イメージ

槍ヶ岳から流れてくる爽やかで澄んだ清風の香りです。

美作湯原

岡山県の美作三湯のひとつ、湯原の湯をモデルに作られています。

イメージ
イメージ
イメージ

みずみずしい果実と、湯原温泉のゆったりのんびりした雰囲気をイメージした香りです。

道後

愛媛県の道後温泉をモデルに作られています。

瀬戸内の穏やかな日差しを思い出させる爽やかな香りです。

イメージ
イメージ

日本の名湯を使ってみるとクオリティの高さに驚きます。

温泉に入った時のあのお肌がなめらかになる感じ!

湯上がりのぽかぽかが持続するところ!

本当に温泉地に行った気分になれます。

また、裏面にはイオン表が記載されており、

各地の温泉情報を元にしっかりと開発されているのがわかります。

成分的にもしっかりしていて、さらにお湯の色が綺麗で香りもとっても良いです。

おうちにいながら贅沢名湯気分が味わえる入浴剤、ぜひお試しください!

元記事で読む