1. トップ
  2. 恋愛
  3. 実は限界かも…!「破局寸前」カップルの特徴

実は限界かも…!「破局寸前」カップルの特徴

  • 2021.11.26
  • 3830 views

相思相愛に見えても、実は破局寸前…というカップルは珍しくありません。気づかないうちに関係が悪化していることもあるので、彼氏には注意する必要があります。破局を避けるためにも、危険な兆候についてはチェックしておきましょう。

1. 相手の言い分を無批判に受け入れる

どんなにわがままな言い分でも、相手が無批判に受け入れる状態は非常に危険です。

一見すると理解のある仲睦まじい関係ですが、実際は相手に対して何の期待もしていない、諦めの状態になっていると言えます。相手に何も感じない分、何を言われようと気にならなくなるのです。

また、そのような状態に陥った場合、その場ではどんな無茶な約束でも受け入れたような返事をしますが、実際にその約束を果たすことはありません。適当に話を聞き流して内容を確認しないので、その場限りの口約束になってしまうのです。

2. プライベートな事柄に関わらなくなる

恋人関係になると結婚を前提にした付き合いを考えるようになり、親族への挨拶などプライベートなことに関わろうとするのが自然な流れです。しかし、あるときを境にプライベートな事柄への関与を拒むようになったら、それは別れの兆候の可能性があります。

相手と別れたい、関わりたくないという気持ちが強くなり、親族との接触も避けようとするのです。恋人の自宅に寄り付かない、デートの約束も自分からは取り付けないなど、積極的な動きを見せなくなるのも特徴の一つです。自分から強く拒絶することはないので気が付きにくく、修復不可能な状態に陥りやすいと言えます。

3. 相談なしに重要な事柄をすませる

カップルが破局する理由の一つに、相手を蔑ろにした勝手な行動があります。勝手に住宅や車など大きな金額の買い物をした、相談せずに仕事を辞めたなどのケースはよくあるでしょう。

いずれの場合も、恋人にも少なからず影響があるにも関わらず、伝えもせずに行った共通点があります。相手のことなどもはや眼中にないからこそできる…とも言えますが、こうなると修復はほぼ不可能と言わざるを得ません。

程度の差はあれど、恋人に黙って勝手なことを行うのは、カップルとして破局寸前なのは否定できない事実です。知らないうちに引っ越しをしたり携帯電話の番号を変えたり、また、そのことを聞かれるまで伝えないのは典型的な例と言えるでしょう。

大切にしていないと感じる行動が特徴

破局寸前のカップルは、相手のことを何も考えていない言動をとる特徴があります。その場限りの口約束や、黙って勝手なことをするなどの行いは典型的な例です。

また、積極的に関わろうとしないのも破局が近いカップルにありがちでしょう。

これも、大切に思えない相手のことなど知りたくもないという気持ちが根底にあるのです。心当たりがある場合は、彼との関係をよく見極め、自分の気持ちも再確認してみてくださいね。

元記事で読む