1. トップ
  2. おでかけ
  3. サリー・ポッター監督の実体験に基づく物語 『選ばなかったみち』予告編&ビジュアル

サリー・ポッター監督の実体験に基づく物語 『選ばなかったみち』予告編&ビジュアル

  • 2021.11.25
  • 213 views
『選ばなかったみち』(c)BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND THE BRITISH FILM INSTITUTE AND AP (MOLLY) LTD. 2020

ハビエル・バルデムとエル・ファニングの初共演作『選ばなかったみち』のキービジュアルと予告編が公開された。

第70回ベルリン映画祭コンペティション部門に出品された本作は、『耳に残るは君の歌声』『ジンジャーの朝 ~さよなら、わたしが愛した世界』などで知られるイギリスの映画監督サリー・ポッターの最新作。監督の弟が若年性認知症と診断され、監督自身が介護で寄り添った経験をもとに自らが脚本も手がけた。

ニューヨークに住むメキシコ人移民レオ(ハビエル・バルデム)は作家であったが、認知症を患い、誰かの助けがなくては生活はままならず娘モリー(エル・ファニング)やヘルパーとの意思疎通も困難な状況になっていた。ある朝、モリーはレオを病院に連れ出そうとアパートを訪れる。モリーが隣りにいながらもレオは、初恋の女性と出会った故郷メキシコ、作家生活に行き詰まり一人旅をしたギリシャへと彼女とは全く別々の景色をみるのだった。

『DUNE/デューン 砂の惑星』や『ノーカントリー』のバルデムがレオ役、『ネオン・デーモン』『マレフィセント』シリーズのファニングが娘モリーを演じ、父娘役で初共演を果たした。そのほか、『マイ・ライフ、マイ・ファミリー』のローラ・リニー、『エターナルズ』のサルマ・ハエックらが脇を固める。

予告編が捉えるのは、娘モリーが、ニューヨークのアパートでひとりで暮らす父レオを病院へ連れていくために彼を訪ねる、ある朝の様子。しかし、ふたりは意思の疎通もままならない。ふたりが向かう先々でレオは面倒を起こし、モリーは仕事の重要なプレゼンを当日に控えながら予定を何度も変更せざるを得ない。映像は、レオがかつて選ばなかった人生――初恋の女性と出会った故郷メキシコ、作家生活に行き詰まり一人旅をしたギリシャ――を彼の幻想として捉え、一緒にいるはずなのにふたりが見ている全く別の景色を交差させながら進んでいく。厳しい現実に押しつぶされそうになるモリーだが、父に寄り添い手を握り続ける。ニューヨークから移りゆく、レオの幻想として繰り広げられるメキシコの荒野や灯火、ギリシャの広大な海が映されている。

あわせて公開されたビジュアルは、モリーがレオの頬に手を置き優しい笑顔を向け、父と真っすぐ見つめ合う本作の印象的なシーンを配置。<あの日、あの時、あの瞬間―― 歩んでいたかもしれない人生に、会いに行く。>と、主人公レオが劇中繰り広げる心の旅を代弁する言葉がキャッチコピーとして綴られている。

レオが幻想として往来する世界は、人生の岐路でもしも別の選択をしていたら、たどったであろう人生なのかもしれない。ポッター監督は、「私はこの映画を、人生の奥深さに迫る作品にしようと考えていました。悲しい場面もありますが、一筋の光が与えられればと思いました。観客の皆さんには、レオの物語を通して、複雑で神秘的な自分の人生を追い求めてもらえたらと願っています」とコメントしている。

(リアルサウンド編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる