1. トップ
  2. スキンケア
  3. 乾燥の季節もしっとり髪に♪美容のプロに習う「おうちで簡単ヘアケア」方法3つ

乾燥の季節もしっとり髪に♪美容のプロに習う「おうちで簡単ヘアケア」方法3つ

  • 2021.11.25
  • 1721 views

空気が乾燥する季節になると、肌がカサつくと共に髪の毛先もパサつきがち。こまめにケアすることが大切ですよね。

今日は美容のプロ達に習った、ちょっとしたコツでサロン帰りのような仕上がりをキープできる、おうちでのヘアケア方法を3つご紹介します。

朝と夜、ダブルのケアで毛先のパサつき知らず♪

朝晩の髪の保湿ケア方法
朝時間.jp

まずはヘアケアのおさらいとなる、パサつきしらずの髪をキープする、朝と晩のお手入れ方法から。

【朝のケア】ではブラッシング後に、ヘアミスト等でのうるおい補給と、毛先にへアオイルをなじませるのがコツ。

髪の水分は寝ている間も乾燥や摩擦によって失われるため、水分と油分を補ってからスタイリングするだけで、日中も潤いをキープすることができます。

【夜のケア】ではシャンプー後、毛先にトリートメントをなじませてから、手のひらに残ったものを髪の中心や根元につけて、5〜10分置いてから流します。

タオルドライの後は毛先にヘアオイルをなじませて、タオルで巻いて10分ほど経ったら、コームで髪の中まで浸透させます。

このヘアケアで毛先のしっとり感がぐっとパワーアップしますよ♪

(参考:一日パサつかない!「うるツヤ髪」になる朝と夜の仕込みケア術 )

ドライヤーの前にオイルをつけて潤いをキープ♪

朝時間.jp

次は、夜に髪を乾かす前に行うだけで、朝起きた時のまとまりが良くなる、ヘアオイルを使ったヘアケア方法です。

ヘアオイルを使うタイミングは、夜にシャンプーした後。タオルドライをして濡れている髪に、ミディアムで1プッシュを目安になじませます。つけすぎるとべたつくので適量を守ってくださいね。

なじませるのは毛先→表面の順に、オイルを手のひらにしっかりと伸ばしてから毛先を中心につけて、残りを表面につけます。

そのあと櫛でとかすと、しっかりとなじんでキューティクルも整います。

ポイントは、乾かす前にオイルをつけて髪の水分を守り、オイルで油膜を作ってキープすることです♪

(参考:ドライヤー前に使えば朝の髪が変わる!正しい「ヘアオイル」の使い方)

毛先の乾燥にはハンドクリームで手軽にケア◎

毛先の乾燥にはハンドクリーム
朝時間.jp

毛先のパサつきを感じたときにおすすめなのが、ハンドクリームでの保湿ケア。この季節ハンドクリームは仕事場に置いていたり、持ち歩く方も多いのではないでしょうか。日中、外出先でもケアできる裏技です。

ハンドクリームの保湿成分は髪にも効果があるため、少量を毛先になじませれば、これだけでヘアオイルの代わりのお手入れに。

クリームは水分多めでさらっとしたタイプを選び、手指を保湿した後に、手のひらに少しついている量を目安につけてみてくださいね。

基本的なことになりますが、シャンプーのときは、泡で包むように洗ってぬるま湯でしっかりとすすぐことや、濡れた髪はダメージをうけやすいため、ドライヤーでしっかり乾かすこともおうちで出来るケア方法。

少しでも髪が濡れたままだと、うねりやパサつきの原因になるそうですよ。

(参考:ハンドクリームが髪に効く!?秋冬に「美髪」を保つ4つのポイント)

***

おうちで簡単にできる、ヘアケア方法3つをご紹介しました。

いつものお手入れにひと手間かけたり、使用しているものを応用するだけで手軽にできる方法なので、パサつきがひどくなる前にぜひ試してみてくださいね。

元記事で読む