1. トップ
  2. 恋愛
  3. 一人暮らしで寂しいと感じるのはどんなとき?解消法も紹介!

一人暮らしで寂しいと感じるのはどんなとき?解消法も紹介!

  • 2021.11.24
  • 289 views


一人暮らしは自由で気楽な半面、さまざまな瞬間に寂しさを感じてしまうもの。時には泣くほどの孤独感に襲われることもありますよね。誰かに相談したらいいのか、友達を部屋に招いたらいいのか……。不安な気持ちになる時間の過ごし方や解消法について、アンケートを基にまとめました。自分に合っていそうなアイデアがあれば、ぜひ活用してみてください♪

一人暮らしをしていて寂しいと感じるとき



まずは一人暮らしをしていてどんなときに寂しさを感じるかについて、多かった回答を挙げてみました。

体調が悪くても看病してくれる人がいないとき


ちょっとした風邪から病気、けがまで、体調を崩したときは、いつもなら何でもない家事も負担になり、不安や心細さに襲われるもの。

健康のありがたさを思い知るとともに、こんなとき誰かがそばにいてくれたら……と考えてしまいます。

誰かに話を聞いてほしいとき


仕事やプライベートで何かいいことがあったとき、反対に嫌なことがあったとき、また何げない出来事やちょっとした気持ちも、誰かに聞いてほしいのが人間です。

話し相手が欲しいときに誰もいないとき、言いようのない寂しさに襲われます。

友人や家族が遊びに来た後に一人きりになったとき


家に友達や家族を招いて楽しく過ごした後、みんなが帰ってしんとした部屋に一人きりになると、急に寂しさが込み上げます。

「祭りの後」という慣用句もあることから、人は昔からこの寂しさを味わってきたことがわかります。

一人でご飯をたべるとき


おいしいものを誰かと一緒に食べるのは幸せな時間の一つ。一人で食べるご飯は気楽な半面、幸せを共有できない寂しさも禁じ得ないもの。

食事の内容も手を抜いてしまいがちですし、ぜいたくなものを食べてもそれはそれで寂しく感じてしまいます。

夜一人で眠りにつくとき


眠りにつくとき、孤独感に襲われ人恋しくなるという人は多いのではないでしょうか。

寝る前にちょっとした会話を交わす相手や人肌のぬくもりを感じられるパートナーが欲しい……と、布団の中で無いものねだりをしてしまいます。

誕生日に一人で家にいるとき


年に一度の誕生日に一人で家にいると、どうしても孤独感に包まれてしまいます。

誕生日はやっぱり誰かと一緒に過ごし、お祝いしてもらいたいものですよね。自分には誕生日を祝ってくれる人もいないのか……と気持ちも後ろ向きになりがちです。

クリスマスなどの季節イベントに一人で家にいるとき


クリスマスやハロウィーン、年末年始といった季節イベントのときも、一人で家にいると寂しいですよね。

テレビやSNSで世間が楽しそうに盛り上がっているのを見ると、置いてけぼりになったような気持ちにもなってしまいます。

一人暮らしの寂しさを解消する方法8つ!



一人暮らしをしている以上、全く寂しさを感じないのは難しそう。そんな寂しさをみんなはどうやって解消しているのか、アンケート結果を基に見ていきましょう。

1.新しい出会いの場に行く、同居や結婚につながるような恋活に励む


一人暮らしの寂しさ解消の近道は、そばにいてくれるパートナーを見つけること。

同居や結婚まで至れば、一人暮らしそのものから卒業ということになります。素敵な出会いを求めて、恋活に励んでみるのも一つの方法です。

2.一人で楽しめる趣味を作る


趣味に夢中で打ち込んでいる間は、自然と寂しさも忘れているもの。一人でできる趣味を作ることができれば、一人での生活も充実するはずです。

孤独感を表現に昇華させられるようなクリエーティブな活動に挑戦してみるのも良いかもしれません。

3.資格を取るなどの勉強を始める


一人の時間を有意義なものにするために、資格の勉強などを始めるという意見も挙がりました。

孤独な時間を自分磨きの時間と捉え、スキルアップやキャリアアップにつながる勉強に打ち込みましょう!

4.テレビや動画、映画を見る、本・漫画を読む


時間つぶしの定番といえば、テレビや動画、映画を見たり、本や漫画を読んだりすること。

アンケートの結果を見ると、この解消法を選んでいる人はかなり多いようです。

5.音楽をかけて無音の状態をつくらないようにする


しんと静まり返った無音の空間は、寂しさを助長します。見るともなくテレビを付けっぱなしにしておくなど、何かしら音を出しておくという人は多いようです。

気分やモードに合わせた音楽を選んで、一人の空間を演出してみてはいかが?

6.家が心地よいと感じるよう空間を整える


一人暮らしが少しでも快適なものになるように、家を自分好みにアレンジするという解消法も挙げられました。

自分の好きなように空間づくりができるのは、同居人のいない一人暮らしの特権でもあります。心地よい空間なら、一人の時間も楽しめるはず♪

7.家族や友人、恋人に遊びに来てもらう、電話をする


寂しいときや人恋しいときは、誰かに会うのが一番。

一人暮らしで寂しいときは、恋人や友人、家族を家に呼んだり、電話やオンラインで話をしたりして楽しい時間を過ごすという人は多いようです。

8.SNSを活用して誰かとコミュニケーションをとる


会える相手や電話できる相手がいないときは、SNSで誰かと交流することで、手軽に寂しさを紛らわせることができます。

自分の部屋から、スマホやパソコン一つで世界中とつながれます。

自分に合った解消方法を探してみて



自由と孤独は裏返しといわれるように、一人暮らしにはメリットもデメリットもあります。一度きりの人生の中で、一人で暮らす期間もちゃんと充実させたいですよね。ご紹介した内容を参考に、自分なりの寂しさの解消法を見つけてくださいね♪

取材・文/とみこ

【データ出典】
・ご自身に関するアンケート
調査期間:2021/7/27〜2021/7/28
有効回答数:309人(男性)
(インターネットによる20、30代男性へのアンケート調査 調査機関:マクロミル)

【データ出典】
・ゼクシィユーザーアンケート
調査期間:2021/8/26〜2021/9/7
有効回答数:28人(女性)


元記事で読む
の記事をもっとみる