1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 敢えて「即購入大歓迎」を書くのはなぜ? メルカリの商品説明で見かけるローカルルールの真意

敢えて「即購入大歓迎」を書くのはなぜ? メルカリの商品説明で見かけるローカルルールの真意

  • 2021.11.24
  • 18579 views
メルカリの商品説明などを見ていると「即購入大歓迎」と書かれていることがあります。もともとメルカリは、提示された価格ですぐに買えるシステム。それでもあえて「即購入大歓迎」と書いているのには理由があります。
メルカリの商品説明などを見ていると「即購入大歓迎」と書かれていることがあります。もともとメルカリは、提示された価格ですぐに買えるシステム。それでもあえて「即購入大歓迎」と書いているのには理由があります。

メルカリで見る「即購入大歓迎」とは?

メルカリの商品名や商品説明を見ていると「即購入大歓迎」と書かれていることがあります。もともとメルカリは、提示された価格ですぐに買えるシステムなのですが、出品者があえて「即購入大歓迎」と書いているのには理由があります。

ここではその理由を解説していきましょう。

メルカリでは「コメントしてから購入」と思っているユーザーが多い

メルカリをはじめとしたフリマアプリ独特のルールでもありますが、出品者に「購入しても良いですか?」と聞いてから購入することがあります。通称「即購入禁止」あるいは「コメントしてから購入」です。これをルールにしている出品者は商品説明に記載しています。

なぜコメントしてから購入するのかは、出品者自身が購入者を選ぶという意味もありますし、商品が確実にあるのかを再確認するためでもあるのでしょう。

出品してから時間が経ってしまうと、その商品をどこに片付けたのか分からなくなってしまったり、紛失してしまったりすることがあります。そのような状態で購入されてしまうとトラブルに発展するので、「即購入禁止」で防ぐ意味があるのです。

このようなルールがあると知っている購入希望者は、まずはコメントしなければならないと考えています。出品者としては、「コメントはいらないので、すぐに買ってください」と伝えるためにも、即購入大歓迎と書いています。

コメントに返事をするのが面倒

コメントをせずに購入してほしい理由は、コメントの返事が面倒なこともあります。「購入しても良いですか?」というコメントに対して「よろしくお願いします」と答えれば問題ないのですが、それさえも面倒と感じてしまう人もいるのでしょう。

それに返事が遅くなってしまうと、購入希望者が違う出品者から買ってしまうこともあります。コメントへの返事をしたら、「すみません。違う出品者から購入しました」と言われてしまい、なんだかイライラすることも。

このようなコメントへの返事に関連した面倒くささやイライラをなくすために、「即購入してください」とアピールすることもあります。

素直に、すぐに売りたいと思っている

メルカリでは提示された価格ですぐに購入できる仕組みになっています。そのため即購入するのは当たり前のことなのですが、上記のようにコメントをしてから購入する文化もあります。

それでも出品者がすぐにでも売りたいと思っているならば、「即購入大歓迎」は素直に「すぐに買っても大丈夫なので、お願いします!」という意思表示とも考えられます。

ただ、難しいのは「即購入大歓迎」を「出品者はよほど売りたいんだろうな」と捉えたユーザーが、値下げ交渉をしてくることです。もちろん値下げ交渉はメルカリではよく行われているのですが、その幅が大きかったりすることもあります。「だって売りたいんでしょ?」と思われてしまっているからです。

売りたい気持ちがあっても、値下げをするならば可能な範囲を決めておくことも必要です。

「すぐに買わないと他の人が買ってしまう」というプレッシャーを与えている

「即購入大歓迎」はすぐに買っても問題ないということなので、早い者勝ちのアピールにもなります。その商品を購入しようかどうか悩んでいる人がいたら、他の人が買ってしまう可能性があることを暗に示されているように感じてしまい、すぐに買わないと売れてしまうというプレッシャーにもなるのかもしれません。

実際のところ、ここまで購入者の心理を考えて書いているかどうか分かりませんが、買う側からするとそのように受け止めてしまう可能性がゼロではないということです。

「即購入大歓迎」は、メルカリユーザーが作り出したローカルルールです。メルカリのシステム上当然のことなのですが、ローカルルールがたくさんあります。

コメントをしなくても良く、面倒くささがないのは出品者・購入者の両者にとってメリットになるでしょう。ただしコメントを全くしないでくださいということではないので、分からないことがあったら出品者に聞いて疑問を解決するようにしましょう。

文:川崎 さちえ(フリマアプリ・ネットオークションガイド)

元記事で読む