1. トップ
  2. ファッション
  3. 教えて〜! 幼くならない「大人ピンク」の着こなしテク

教えて〜! 幼くならない「大人ピンク」の着こなしテク

  • 2021.11.23
  • 34824 views

明るくポジティブなオーラを放つ「ピンク」は永遠の愛されカラー。コーデに取り入れてみたいけど躊躇してしまう大人女子たちへ♡ 今回は、幼くならないピンクコーデテクをファッショニスタたちから学びましょう。おしゃれすぎるコーデに、ピンクのイメージが変わるかも……!

くすみピンクで大人のかわいさを引き出す

甘くなりそうでコーデに取り入れるのが難しい…… そんな人におすすめしたいのは、くすみ感のある発色のカラー。ピンクにブラウンがミックスされたような色なら、ガーリーになりすぎず大人のかわいさを演出できます。パンツ以外を似ているトーンのベージュで統一すると、さらに落ち着いた雰囲気に仕上がりますよ。

淡いピンクは黒で引き締めるのが鉄則

優しく儚げな空気感をまとえるペールトーンピンクは、あえて黒をピリッときかせて「甘く着ない」のが大人っぽく仕上げるコツ。重厚感のあるカラーを合わせてちょっぴりモードに引き寄せることで、女性らしいのに媚びていない今どきフェミニンコーデが完成します。

コーデの鮮度が一瞬でアップするビビッドカラー

パッと目をひく鮮やかな発色のピンクは、ダークトーンに偏りがちな冬コーデの鮮度アップに効果てきめん! 着映え抜群で一見使いにくそうなカラーは、見える面積がグッと狭くなるインナーで取り入れるのがベストです。ビビッドカラーを差すことで、単調になりがちなベーシックカラー配色も一気に華やぎますよ。

おしゃれ上級者になれるピンクワントーンコーデ

ピンク×ピンクの配色は、これだけでおしゃれ見え抜群♡ ピンクのワントーンコーデは甘くなりすぎるイメージがありますが、濃淡をきかせることでスタイリッシュな着こなしに仕上がります。ゆるいニットとタイトめのパンツでメリハリ感を出すのもポイント。足元はホワイトスニーカーをセレクトし、爽やかでスポーティーな印象を加味すると、センスが光るきれいめカジュアルスタイルが手に入りますよ。

おしゃれさんたちの素敵なスタイリングを見て、ピンクコーデの印象も変わったのではないでしょうか。いつもと一味違うスタイリングにトライしたいと思っている人は、ぜひ参考にしてください。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※こちらの記事では@yu_kooooooo0620様、@m_i_mm_a様、@ue_004様、@mi___.5様のInstagram投稿をご紹介しております。
※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や、販売終了の可能性もございます。最新の商品情報は各お店・ブランドなどにご確認くださいませ。

writer:mana

元記事で読む