1. トップ
  2. メイク
  3. メイクでも大活躍!「ヘアピン」の意外と知らない活用術3つ

メイクでも大活躍!「ヘアピン」の意外と知らない活用術3つ

  • 2021.11.22
  • 4304 views

誰もが1つは持っているアイテム「ヘアピン」。じつは髪の毛以外にも使えるって知ってた? メイク時にも大活躍するヘアピンの意外な活用術を3つご紹介。(フロントロウ編集部)

※この記事にはTikTok動画が含まれます。動画が再生されない場合はフロントロウのオリジナルサイトでお楽しみください。

じつは便利!ヘアピンを使ったメイクの裏ワザ

ヘアピンは、前髪やアップヘアを留めるのに欠かせない便利なアイテムだれど、じつはアイライナーやノーズシャドウなどヘアアレンジ以外にも便利な使い道があるという。

画像: じつは便利!ヘアピンを使ったメイクの裏ワザ

そこで、今回は若者に大人気のショート動画アプリTikTok(ティックトック)のなかでもとくに話題を集めるヘアピンを使ったメイクの裏ワザを3つ紹介。ヘアピンが余って使いきれないという人は、これを機にヘアピンをフル活用してみては。

ヘアピンの活用術1.キャットアイライン

1つめの活用方法は、ヘアピンを使って目尻を跳ね上げた「キャットアイライン」を引くというもの。

やり方はいたって簡単で、ヘアピンの差込口側の先端部分(V字部分)を目尻にあてて、ヘアピンと目尻の間にできた隙間をリキッドアイライナーで埋めるだけ。あとは目のキワに沿ってアイラインを引いたらキャットアイラインの出来上がり。この方法なら、難しいテクニックなしでも左右均等なキャットアイライナーがつくれるのだとか。

ヘアピンの活用術2.ノーズシャドウ

2つめの活用方法は、ヘアピンを使って「ノーズシャドウ」を入れるというもの。

はじめにヘアピンを眉頭に平行にあて、眉頭と鼻筋をつなげるようにノーズシャドウを入れ、次にヘアピンを鼻筋に合わせるように垂直に持ち、鼻頭に向かって動かしながらノーズシャドウを入れる。これを左右で均等になるように行ない、最後に鼻筋にハイライトを入れたら完成! 鼻に立体感が生まれ、シャープな印象を演出できるそう。

ヘアピンの活用術3.目頭切開ライン

3つめの方法は、ヘアピンを使って「目頭切開ライン」を引くというもの。

ご存じない人に説明すると、目頭切開ラインとは、目頭部分のアイラインを長めに引くメイク法のこと。うまく描けば劇的に目が大きく見えるメイク法だけれど、とくに蒙古ひだが張っている人は、目頭部分の皮膚が邪魔してキレイに引けないことも…。

そんなときは、鼻根部分をヘアピンで挟むのがおすすめ。ヘアピンを使うことで目頭部分の皮膚が引っ張られ、圧倒的に目頭切開ラインが引きやすくなるそう。ちなみにヘアピンを外してもナチュラルな仕上がりなので気になる人はぜひ試してみて。

ヘアアレンジ以外にもさまざまな使い方ができる便利なヘアピン。上手に使いこなしてふだんのメイクをアップデートさせてみては。(フロントロウ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる