1. トップ
  2. 「何に見える?」あなたは“素直に謝れる人か”がわかる心理テスト

「何に見える?」あなたは“素直に謝れる人か”がわかる心理テスト

  • 2022.1.18
  • 183678 views
undefined

「ごめんなさい」という言葉を、あなたはちゃんと相手の目を見て言うことができますか?意外と謝るのは苦手に感じている人が多かったりするものです。逆に謝ってばかりの人もいるでしょう。あなたは“素直に謝れる人か”探ってみましょう。

図形が何に見えますか?直感でお答えください。



1.野菜

2.木

3.羽根ペン

4.まち針



1.野菜に見えた人は「素直に謝れる人」

図形が野菜に見えた人は、素直に謝れる人かもしれません。どちらかというと、謝らなくても良い場面でも、謝ってしまうようなところがあるのではないでしょうか。謝ることに抵抗感が少ない人でしょう。

このタイプの人は、腰が低く遠慮がちなところがあるでしょう。和を大切にする人ですので、自分が謝ることで場が収まるなら、喜んでどんどん謝ってしまうでしょう。また、責任感も強いがゆえに、どこか自分の責任があるのではと考え、謝るに至ることが多そうです。

あなたに丁寧に謝られると、どんなに怒っている人も気持ちが鎮まってしまうのではないでしょうか。そのくらい、あなたの謝り方は誠実なのでしょう。真っ直ぐ目を見て、悪いと思っていることをきちんと伝えられる素直な人ではないでしょうか。

2.木に見えた人は「身近な人に素直に謝れない人」

図形が木に見えた人は、身近な人に素直に謝れない人かもしれません。家族や恋人、友達など、あなたにとって身近な人だと思えば思うほど、素直に謝れなくなってしまいがちでしょう。仕事などでは、きちんと素直に謝罪できる人ではないでしょうか。

このタイプの人は、シャイで感情的になっている姿をあまり他人に見られたくない気持ちが強い人でしょう。特に身近な人の前で謝るのは、なんだか丸裸になっているような恥ずかしさを感じてしまうのかもしれません。

そのため、どうしても素直に謝れず、こじれてしまうことが多いでしょう。身近な人なので、あなたが謝る気持ちはあるけど、できないことは理解してくれているはずです。それでも、真っ直ぐ目を見て謝った方が良い場面もあるのではないでしょうか。親しき仲にも礼儀ありです。

3.羽根ペンに見えた人は「嫌だけど謝れる人」

図形が羽根ペンに見えた人は、嫌だけど謝れる人かもしれません。心から素直に謝るというよりは、本当は嫌だな、なんで謝らないといけないんだろうという気持ちが透けて見えるような謝り方をする人でしょう。それでも謝るべき時は、きちんと謝る人ではあるでしょう。

このタイプの人は、思慮深く少々理屈っぽいところがある人でしょう。自分が悪いということがわかっていても、でも悪いのは自分だけではないなど、色々考えあぐねてしまっていそうです。そのため、自分が悪いことは謝るけど、いまいち納得がいっていない感じの謝罪になりがちでしょう。

ただ、あなたの偉いところは納得がいっていなくても、謝るべきだと思えば、きちんと謝ろうとするところでしょう。その後に「でもさ」と余計なことをグチグチ言うと、こじれてしまいますが、そのままその場を立ちされれば、かっこいいかもしれません。

4.まち針に見えた人は「素直に謝れない人」

図形がまち針に見えた人は、素直に謝れない人かもしれません。自分が悪いとわかっていても、相手の目を見て「ごめんなさい」の一言が言えない人でしょう。言い訳をたくさんしてしまったり、不貞腐れてどこかへ行ってしまうことも多いかもしれません。

このタイプの人は、小心者で他人から責められるような状況を苦手に感じやすいところがあるでしょう。そのため、自分が悪いとわかった瞬間に、その場を立ち去りたい気持ちでいっぱいになるのではないでしょうか。謝ったら済むことがわかっていても、素直になれないかもしれません。

おそらく相手が家族であっても友人であっても、他人であっても同じでしょう。仕事関係の人に対しても同じではないでしょうか。きっと、さっさと謝ってしまった方が責められずに済むはずです。目を見られないなら、深々と頭を下げて「ごめんなさい」と言ってしまいましょう。



ライター:aiirococco
公認心理師、臨床心理士として総合病院にて働いております。知っているようで知らない自分のこと。自分の心理をのぞいてみませんか?自分を知るワクワクドキドキ感をお伝えします!
編集:TRILLニュース

の記事をもっとみる