1. トップ
  2. メイク
  3. 「眉メイクをアップデート」Vietaの新アイブロウがおすすめです♡

「眉メイクをアップデート」Vietaの新アイブロウがおすすめです♡

  • 2021.11.19
  • 2291 views

ナリス化粧品のVietaヴィータ)より、マスクメイクで平坦に見えがちな目元に立体感をもたらすアイブロウアイテム3種が新発売となります。

マスク着用時は顔の下半分が隠れてしまうため、眉メイクは顔の印象を大きく左右するとっても重要なポイントです!

眉メイクに自信がない方や、眉メイクをアップデートしたい方、マスク映えメイクをしたい方必見です♡

Vieta(ヴィータ)の新アイブロウとは?

Vieta(ヴィータ)は、長引くマスク生活の中で、その人が持つ本来の魅力を引き出せるようにという思いから誕生したコスメブランドです。

そんなVieta(ヴィータ)より、アイブロウアイテム3種が新発売となります♡

マスクをしていると目元しか見えないので、眉メイクはとっても重要です!

今回はそれぞれのアイテムの特徴や、カラー展開を紹介していきます。

Vieta(ヴィータ)スタイリングフレーム アイブロウペンシル

しずく型の芯で、眉のカタチにあわせて細いラインから太いラインまで自在に描くことができるアイブロウペンシルです。

ウォータープルーフ・スマッジプルーフで汗や皮脂・擦れに強く、マスクメイクにぴったりです。スクリューブラシ付きなので眉メイクが1本で仕上がるのも嬉しいですね!

付け替えできるレフィルも同時発売となるため、環境に優しくコスパも抜群です◎

■Vieta(ヴィータ)
スタイリングフレーム アイブロウペンシル
¥1,650(税込)/レフィル¥1,320(税込)

髪色にあわせて選びやすい3色展開♡

01 ライトブラウンはやや明るめの黄みブラウン。肌の黄ぐすみが気になる方におすすめです◎

02 ブラウンは暗めのブラウンです。黒髪や暗髪の方にぴったりのカラーです!

03 レッドブラウンは血色をプラスできる赤みブラウンです。マスクメイクでも血色感を演出できそうです!

写真は02 ブラウンを使用しています。

しずく型のペンシルが眉頭から眉尻まで描きやすく眉メイクに自信がない方にもおすすめしたいアイテムです!

Vieta(ヴィータ)スタイリングフレーム アイブロウパウダー

高発色パウダーが柔らかな眉に仕上げてくれるアイブロウパウダーです。

3色入りのため、これ1つで様々な眉メイクを楽しむことができます。

右側のアクセントカラーを使用することで、立体感だけでなくトレンド感もプラスできる優秀アイテムです!

■Vieta(ヴィータ)
スタイリングフレーム アイブロウパウダー
¥1,650(税込)

トレンド感を演出できる2色展開!

01 カーキブラウン

アッシュ系の髪色に合わせやすいカラーで、ややクールな抜け感のある眉を演出してくれます

02 レッドブラウン

トレンドの赤みブラウンで、優しいイメージの眉を演出してくれます。眉に血色感をプラスもできるので、マスクメイクにもおすすめです◎

写真は01 カーキブラウンを使用しています。

付属の大小2種の両軸ブラシで、ふんわり優しげ眉を簡単に描くことができました

Vieta(ヴィータ)スタイリングフレーム アイブロウマスカラ

自眉をムラなくきれいにカラーリングし、立体感のある眉に仕上げてくれるアイブロウマスカラです。

マスク生活で眉の毛流れを意識したメイクが注目されているので、黒髪の方にも取り入れていただきたいアイテムです◎

ダイヤモンド型ブラシでムラなくカラーリングし、ナチュラルな立体感のある眉に仕上げてくれます

■Vieta(ヴィータ)
スタイリングフレーム アイブロウマスカラ
¥1,650(税込)

眉をふんわりと整える3色展開!

01 ライトブラウンは、明るめの黄みブラウンです。明るめのヘアカラーの方や優しげな眉メイクをしたい方におすすめです◎

02 ブラウンはやや暗めなブラウンカラーです。黒髪でも眉の流れをしっかり整えたい方にぴったりです!

03 レッドブラウンは、トレンドの眉メイクにぴったりの赤みブラウンです。やりすぎない程よい赤みが血色感を演出してくれます。

写真では02を使用しました。

毛流れがしっかり整えられて、ふんわり優しげな眉に仕上がりました!

なりたい雰囲気や髪色に合わせて選べるVieta(ヴィータ)アイブロウ3種を紹介しました♡

この機会に眉メイクをアップデートし、トレンド感のある眉メイクにチャレンジしてみてはいかがでしょうか

2021年11月21日(日)より、全国のナリス化粧品店舗と通信販売・訪問販売にて発売予定です。

掲載商品は取材時点のものであり、現在お取扱いしていない場合があります。

元記事で読む
の記事をもっとみる