1. トップ
  2. ダイエット
  3. 第一印象に差が付く“背中”へ。ハミ肉なし【ほっそりとした後ろ姿に導く】簡単習慣

第一印象に差が付く“背中”へ。ハミ肉なし【ほっそりとした後ろ姿に導く】簡単習慣

  • 2021.11.18
  • 7216 views

第一印象を良くするために「おウチでできるエクササイズを何か始めようかな?」と考えている方におすすめなのが、意外と見落としがちな“背中”を鍛えるエクササイズです。後ろ姿の美しさはキレイ度を高める重要なポイント。そこで習慣に採り入れたいのが、泳ぐような動きで背中周りの筋肉全体を強化できるピラティスの簡単ポーズ【スイミングプレップ】です。

スイミングプレップ

背中の引き締めはもちろんのこと、肩や背中、股関節などの柔軟性UPにも効果を期待できます。

(1)床の上にうつ伏せになり、手と脚を肩幅に開いて床から少し浮かす

第一印象に差が付く“背中”へ。ハミ肉なし【ほっそりとした後ろ姿に導く】簡単習慣

▲お腹の筋肉を内側に絞るイメージで恥骨をマットにつけます

(2)体の位置を固定したまま、泳ぐように左右の手脚を交互に上下運動させる

第一印象に差が付く“背中”へ。ハミ肉なし【ほっそりとした後ろ姿に導く】簡単習慣
第一印象に差が付く“背中”へ。ハミ肉なし【ほっそりとした後ろ姿に導く】簡単習慣

▲右手を上げる時は左脚を上げ(上)、左手を上げる時は右脚を上げます(下)

なお、実践中の呼吸は手脚を動かすタイミングに合わせて「吐いて、吐いて、吐いて、吐いて、吸って、吸って、吸って、吸って」とリズム良く呼吸。左右交互の手脚の上下運動を“1日あたり8回×4セットを目標”に行います。なお、期待する効果をきちんと得るためには、単純に手脚をバタバタさせているだけではNG。「右手を上げる時は左脚を上げ、左手を上げる時は右脚を上げる」というルールを必ず守りましょう。

ピラティスのエクササイズは“回数を多くこなすよりも呼吸と動きの質が重要”とされているので、回数を増やすのは呼吸と動きに慣れてきてからで十分。最初は無理をせずゆっくりでも良いので、ぜひ習慣化して、ほっそりとした後ろ姿に整えていきましょうね。<ピラティス監修:SHIERI(インストラクター歴5年)>

元記事で読む