1. トップ
  2. 有村架純、森田剛、磯村勇斗、若葉竜也ら登場 映画『前科者』本予告公開

有村架純、森田剛、磯村勇斗、若葉竜也ら登場 映画『前科者』本予告公開

  • 2021.11.18
  • 437 views
『前科者』(c)2021 香川まさひと・月島冬二・小学館/映画「前科者」製作委員会

2022年1月28日公開の有村架純主演映画『前科者』の本予告が公開された。

『ビッグコミックオリジナル』(小学館)にて2018年1月から連載が始まった、原作・香川まさひと、作画・月島冬二による漫画『前科者』が、『二重生活』『あゝ、荒野』の岸善幸監督により実写映像化。WOWOWにて連続ドラマが放送・配信され、日活・WOWOWの共同配給で映画が公開される。

罪を犯した“前科者”たちの更生・社会復帰を目指し、彼らと向き合い奮闘していく保護司の主人公・阿川佳代役で有村が主演。佳代の元で更生し社会復帰へ近づいていたが、ある日忽然と姿を消し、再び警察に追われる身となる男・工藤誠を森田剛が演じる。

阿川の優しさや厳しさに触れ、順調に更生し社員として迎え入れてもらえるはずだった工藤。しかし、ある日忽然と姿を消し直後に起こった事件の容疑者に疑われてしまう。工藤を探し出そうとする阿川は刑事であり学生時代の同級生の滝本(磯村勇斗)と再会するが、2人は学生時代のある忘れられない過去が原因でこの事件を通し、罪を犯した者を“救う者”と“咎める者”として対峙することに。工藤を取り巻く人々や環境を知っていく中で、何も知らなかった現実に直面し思い悩みながらも真っすぐに前科者と向き合う阿川の想いは届くのか。そして、なぜ、工藤は姿を消したのか。

公開された予告編では、有村や森田に加え、磯村勇斗、若葉竜也、石橋静河ら脇を固めるキャストたちが登場。「寄り添えば、救えるのか?」と幕を閉じる今回の映像では、罪を犯した人々が社会から居場所をなくしてしまわないよう寄り添い続けている保護司という人間、そして過去の傷を抱えながらも一生懸命に生きようとしている人々へ向け、問いかけている。

あわせて、磯村、フランキー、木村、若葉、石橋のビジュアルが追加となった本ポスターも公開された。

(リアルサウンド編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる