1. トップ
  2. ファッション
  3. 着膨れ要注意…!秋アウターコーデはバランスが命!やりがちNG&着痩せOKコーデ9style

着膨れ要注意…!秋アウターコーデはバランスが命!やりがちNG&着痩せOKコーデ9style

  • 2021.11.17
  • 21770 views

寒い季節に欠かせないアウター。ですが、プラスした瞬間、コーデのバランスが崩れてしまう…。そんな重ね着によるお悩みを抱えている女性は多いはず。そこで今回は、秋定番のアウターをおしゃれに着こなすためのNG&OKコーデをmichill編集部がご紹介します。着膨れして見えないコツを早速チェックしてみて!

寒い季節の救世主!ダウンジャケットはボトムス選びが決め手!

NGコーデ

※モデル身長:155cm

さらっと羽織れて便利なダウンジャケットは、寒い日の救世主!しかし、ボリューム感のあるシルエットで着膨れして見えがち…。

ワイドなボトムスを合わせてしまうと、重たい印象に仕上がってしまいます。

OKコーデ

※モデル身長:155cm

今季トレンドのフレアデニムを合わせると、一気にトレンド感たっぷりのOKコーデに。

フレアデニムは裾にかけて広がるデザインなので、腰回りがもたつかずスッキリして見えます。

さらにトレンドのニットベストを重ね着すると、寒さがしのげてオシャレ感がグッとUP♡

※モデル身長:155cm

カジュアルすぎるのが苦手な方は、スカート合わせがオススメです。

寒い季節は首、手首、足首の3首を覆ってしまうコーデが多いので、スリット入りのスカートを選ぶだけでグッと垢抜け。女っぽさがプラスできます。

ブーツを合わせれば、肌見せしてても季節感のズレなくお洒落が決まるはず!

ぶわっと浮きがち…淡色コートは「なじませる」工夫を!

NGコーデ

※モデル身長:170cm

ダークカラーに偏りがちな秋冬は、カラーアウターを1着持っておくと重宝します。

肌なじみのいい、くすみ系の淡色アウターなら、キレイめに着こなせてオトナ女子におすすめ。…ですが、こちらのコーデのようにオールブラックに重ねた着こなしは、アウターがぼわっと浮いてみえがち。

OKコーデ

※モデル身長:170cm

淡色アウターを違和感なくコーデに組み込むには「色をなじませる」工夫が大切。全体を同系色でまとめることでグッと今っぽく、こなれた印象に。

ワントーンでも微妙に色合いの違うアイテムでまとめることで、ぼやけることなくバランスのよいスタイリングに仕上がります。

※モデル身長:170cm

トップスを同系色のコンパクトニットにすれば、コートをさっと羽織るだけでサマになるカジュアルスタイルが完成。

シックなカラーのアウターを羽織ってももちろん素敵ですが、カラーアウターを活用することで女性らしく新鮮な秋スタイルが楽しめますよ。

もこもこ…しすぎに注意!ボアアウターは「抜け感」が肝心!

NGコーデ

※モデル身長:171cm

もこもこ感が可愛くて、着心地あったかなボアアウター。裏地がフリースになったものなら防寒性バッチリですが、やはり着膨れして見えがちなのがネック。

特にトレンドのゆったりめサイズで選んでしまうと、ずしんと重たげな印象に…。

OKコーデ

※モデル身長:171cm

もこもこなボアアウターの着こなしは「抜け感」が肝心!

前を開いてインナーの白を見せつつ、抜き襟っぽくアウターを羽織るとスッキリとして見えます。小物はシックな色味でまとめることで、大人っぽさがアップ!

※モデル身長:171cm

ショート丈のボアアウターなら、フレアスカートともバランスよく着こなせます。ブラックなど暗めのアウターを選ぶことでほっこりしすぎず、大人可愛い雰囲気に。

スニーカーだとカジュアルすぎてしまうので、アニマル柄パンプスでキレイめムードをプラスするのがオススメです。

今回は、秋アウターのNG&OKコーデをご紹介しました。

着膨れして見えやすい秋アウターでも、ちょっとした着こなしのコツを意識するだけでOKコーデに!さっそく毎日のおしゃれの参考にしてくださいね。

記事協力:sua/liho/maki

元記事で読む
の記事をもっとみる