1. トップ
  2. 恋愛
  3. 豊川悦司&中村倫也バディが張り込み中にふざけ倒す!「No Activity 本日も異状なし」予告編

豊川悦司&中村倫也バディが張り込み中にふざけ倒す!「No Activity 本日も異状なし」予告編

  • 2021.11.17
  • 2170 views

豊川悦司&中村倫也バディが張り込み中にふざけ倒す!「No Activity 本日も異状なし」予告編

画像1
木村佳乃、清野菜名、岸谷五朗、岡山天音、岸井ゆきのらも共演 / (C)2021 Amazon Content Services LLC

豊川悦司が主演し、中村倫也が共演するドラマ「No Activity 本日も異状なし」の予告編(https://youtu.be/A48PIKgXDi4)と、場面写真5点が披露された。映像では、ハッタリだらけのベテラン刑事・時田信吾(豊川)と、刺激を求めるイマドキの新米刑事・椎名遊(中村)のバディが、国際麻薬取引の張り込み中にも関わらずふざけ倒し、自由気ままな会話を交わすさまが切り取られている。

本作は英勉が監督、お笑いコンビ「シソンヌ」のじろうが脚本を務め、オーストラリアで大ヒットしたドラマ「No Activity」を日本版にリメイクした、コメディタッチの刑事ドラマ。豊川と中村をはじめ、木村佳乃、清野菜名、岸谷五朗、岡山天音、岸井ゆきのが共演する。

画像2
(C)2021 Amazon Content Services LLC

予告編で時田は、心に響く渋い声と、さまざまな難局を乗り越えてきたような貫禄で「捜査なんてな、局面が動くその瞬間に立ち会えればいいんだよ」と名言を放つ。その一方で、マネキンと戯れたり、銃を構えながら「イメージはできている」と呟いたりと、ダメなところが次々と明らかになっていく。

画像3
(C)2021 Amazon Content Services LLC
画像4
(C)2021 Amazon Content Services LLC

映像では、そんな時田に負けず劣らずクセの強いキャラクターたちを活写。時田とともに暴走し、「ヒリヒリしてきた~!」と叫ぶ椎名、空気が読めず常にマウントをとろうとするベテラン指令官・里見美里(木村)、真面目な純情派だが、キレると危険な新人指令官・大平阿漓羅(清野)、小心者でド変態な小悪党・諌山(岸谷)、サイコパスな犯罪ストーカー・一条(岡山)、諌山と一条に人質にとられた、生配信に全てをかけるSNS依存症の茉莉(岸井)らの姿が確認できる。

画像5
(C)2021 Amazon Content Services LLC

物語は、時田と椎名のバディが待機する麻薬捜査の張り込み現場、美里と阿漓羅が任務にあたる警視庁無線連絡室、そして諌山と一条の犯人コンビと、人質の茉莉が囚われている取引現場の3カ所を舞台に進んでいく。それぞれの場所で展開される、臨場感とユーモア溢れる会話劇は、やがて偶然で結びいていく。豊川はストーリーについて、「じろうさんの脚本が秀逸でした。個性溢れる登場人物たちのやり取りと、彼らが織りなす先の読めない物語を楽しんで頂きたいです」とコメントを寄せた。

「No Activity 本日も異状なし」(全6話)は、12月17日からAmazon Prime Videoで一挙に独占配信される。

元記事で読む