1. トップ
  2. ファッション
  3. 大人カッコいい!アラサー女子の「秋冬トレンドコート&パンツ」コーデ4選

大人カッコいい!アラサー女子の「秋冬トレンドコート&パンツ」コーデ4選

  • 2021.11.14
  • 28190 views

冬の主役=コート、に異論を唱える人はいないはず。値が張るアイテムだからこそ、〝長く大切に着続けたい〟ということにも。ずっと愛し続けられる一着に出合うにはまず、3年後の自分を思い浮かべること。そうすれば自ずと、今買うべきものが見えてくるはずです!

カッコいい大人カジュアルが好きなら…

→ガウンコートをリッチに!

CLASSY.が得意とするカッコいいカジュアルを、とことん極めさらに進化させていきたい人が手に取るべきは、たっぷりシルエットの着流し系コート。カジュアルを大人&リッチに導くシックな持ち味が最大の魅力です。

【Deuxième Classe】
スーパーベーシックなデニムコーデは丸みを帯びたカーキコートでこなれ見せ
アンゴラ混ならではの洒落た素材感と暖かさがうれしいカーキのリバーコート。コート¥82,500(ドゥーズィエム クラス/ドゥーズィエム クラス シンジュク)ジャケット¥107,800(ebure GINZA SIX店)カットソー¥17,800(Edition/Edition表参道ヒルズ店)デニムパンツ¥27,500(エー・ゴールド・イー/シチズンズ・オブ・ヒューマニティ)サングラス¥41,800(アイヴァン/アイヴァン東京ギャラリー)パンプス¥94,600(JIMMY CHOO)バッグ¥97,900(ポロ ラルフ ローレン/ラルフ ローレン)

女っぽさや、やわらかさがある大人が憧れなら…

→パステルコートをシンプルに

しなやかな女性らしさを湛える媚びない甘さをもつ大人になりたい――その願いを叶えてくれる一着こそ、リラクシーなフォルムのカラーコート。可愛くなりすぎる?着回し難しくない?そんなためらいは捨て去って優しいパステルと過ごす冬を楽しんで。

【LE PHIL】
リラクシー&ミニマルなコートならピンク×ピンクも大人の甘さ
女らしくて大人っぽい青みピンクのリバーコート。密かにトレンチの意匠を取り入れつつもミニマルに徹したデザインが素敵。サイドの深いスリットで軽快に着こなせます。コート¥83,600パンツ¥28,600(ともにLE PHIL/LE PHIL NEWoMan新宿店)ニット¥7,920(Mila Owen/Mila Owenルミネ新宿2店)ネックレス¥15,950ピアス ¥12,980(ともにフィリップ オーディベール/シップス渋谷店)パンプス¥52,800(ペリーコ/アマン)バッグ¥107,800(ピエール アルディ/ピエール アルディ東京)

キレイめなコンサバを今っぽく着こなす大人が憧れなら…

→辛口なセットインコートを

【ANAYI】
モードなレザーパンツをシックに見せる金ボタンの効果的なアクセント
こなれたムードのカーキ寄りブラウン。ピーコートをベースにしつつ、女らしさとカッコよさを盛り込むことで、トレンドを超越した大人のための一着に。コンサバをモダンにこなしたい人にぴったりです。コート¥74,800(ANAYI)タートルネックニット¥15,950(アンクレイヴ)シャツ¥31,900(エイトン/エイトン青山)フェイクレザーパンツ¥30,800(ルーム エイト/オットデザイン)パンプス¥104,500(セルジオロッシ/セルジオロッシ カスタマーサービス)バッグ¥170,500(ザンケッティ/エリオポール代官山)

ヘルシー&アクティブなライフスタイルに憧れるなら…

→ショートコートで軽やかに

大人になってもアクティブな女性でいたいならブルゾン感覚で羽織れる上質素材のショートコートが狙い目。ロングコート一強時代を経て今、心引かれる軽快なフォルムはワードローブに新風を吹き込んでくれるはず。

【N.O.R.C】
ボーイフレンドをお手本にしたようなトラッド風味のカジュアルコーデ
ボクシーなシルエットが可愛い一着。コート¥29,000(N.O.R.C/ノーク)Gジャン¥24,200(Edition/Edition表参道ヒルズ店)Tシャツ¥9,350(スローン)肩にかけたニット[メンズ]¥11,990(シップス エニィ/シップス エニィ渋谷店)デニムパンツ¥38,500ブーツ¥37,400(ともにディーゼル/ディーゼル ジャパン)ネックレス¥17,600 (アダワットトゥアレグ)ピアス¥22,000(ウノアエレシルバーコレクション/ウノアエレ ジャパン)バッグ¥156,200(J&Mデヴィッドソン/J&Mデヴィッドソン青山店)

撮影/三瓶康友 モデル/有末麻祐子、有愛甲千笑美 ヘアメーク/桑野泰成(ilumini) スタイリング/乾 千恵 取材/西道倫子 撮影協力/mesm TOKYO、丸の内ビルディング 再構成/Bravoworks.Inc

元記事で読む
の記事をもっとみる