1. トップ
  2. 竹内まりやも『37年も前に書いた曲を』と驚き! Juice=Juiceがニューシングルで「プラスティック・ラブ」をカバー

竹内まりやも『37年も前に書いた曲を』と驚き! Juice=Juiceがニューシングルで「プラスティック・ラブ」をカバー

  • 2021.11.11
  • 152 views

12月22日(水)にメジャー通算15枚目となるトリプルA面シングルをリリースするJuice=Juice。そのシングルの未発表となっていた1曲が、竹内まりやが1984年にリリースした「プラスティック・ラブ」のカバーであることが発表された。

【写真を見る】今作がJuice=Juiceとして最後のシングルとなる金澤朋子

今回のシングルは、7月に加入した新メンバー(有澤一華、入江里咲、江端妃咲)にとっては初参加、11月24日(水)のコンサートでグループとハロー!プロジェクトを卒業するリーダーの金澤朋子にとってはラストとなる作品。

「プラスティック・ラブ」のカバーはスウェーデン人プロデューサーのアンダース・ダンビック氏が現代版グルーヴにアレンジしており、フルサイズのミュージックビデオは11月12日(金)夜6時にYouTubeにて公開される。

竹内まりやコメント

37年も前に書いた曲を、女性アイドルグループの実力派・Juice=Juiceに歌っていただける日が来ようとは! スウェーデンのアンダースさんによるアレンジといい、メンバーそれぞれのボーカルといい、今の時代の音としてフィットしていることに感激しました。この曲が彼女たちの音楽性を広げることに少しでもお役に立てていたら光栄です。

金澤朋子コメント

竹内まりやさんの名曲「プラスティック・ラブ」をカバーさせていただくということで、かなり緊張もしましたが、アレンジも変わったJuice=Juiceバージョンの、原曲とはまた違った雰囲気を楽しんでいただき、無機質な愛の歌に思えますが、そんな中で垣間見られる本当は気付いてほしい寂しさや孤独を読み取ってもらえたらうれしいです。

ミュージックビデオでは、メンバーそれぞれが主人公の心情を表現した表情のアップが多いので、細かな表情の変化や指先などの細かい動きにまで注目して観ていただきたいです。

元記事で読む