1. トップ
  2. 「袖先赤いクットン」で王イ・サン役の2PMジュノ「歴史上の人物、プレッシャーだった」

「袖先赤いクットン」で王イ・サン役の2PMジュノ「歴史上の人物、プレッシャーだった」

  • 2021.11.11
  • 1134 views
MBC
MBC

ジュノが朝鮮時代の王イ・サン(正祖)のキャラクターを演じるのにあたってプレッシャーがあったと明らかにした。

11日午後、MBCの新金土ドラマ『袖先赤いクットン』の制作発表会がオンラインで生中継された。

劇中、イ・サン役を引き受けたジュノはこの日「王役であり実存人物だったので負担になったのは事実だ。私の姿を込めて自分だけのカラーで表現しなければならないのでたくさん努力した」と伝えた。

ジュノは「箸の使い方を変えたり、そんな細かい努力をしようとした。箸を使うのが難しかった」とし「そんな小さなことから努力した」と付け加えた。

作品に対する愛情も表した。ジュノは「台本を見た時、ただ良かったし多彩だった。小説の中のイ・サンは内面を見ることができなかったが、台本では表現できる部分があった。どんな人物なのか近づくことができるよう見せられる部分が多かった」と説明した。

それと共にジュノは「宮女たちに単純に厳しいのではなく、仕事をするにあたって厳格で完璧な姿を見て見習う部分が多かった」とし「自分にそんな部分がないわけではないので、似ている点をたくさん探そうとした」と付け加えて注目を集めた。

『袖先赤いクットン』は自分が選んだ人生を守ろうとした宮女と愛より国が優先だった帝王の切ない宮中ロマンスで、熱い人気を謳歌したカン・ミガン作家の同名小説を原作にした作品だ。ジュノ、イ・セヨン、カン・フン、イ・ドクファ、パク・ジヨン、チャン・ヒジン、チャン・ヘジン、チョ・ヒボン、ソ・ヒョリム、カン・マルグ、オ・デファン、イ・ミンジなどが出演する。

『袖先赤いクットン』は12日午後9時50分に初放送される。


元記事で読む