1. トップ
  2. ダイエット
  3. 【西宮にオープン】西日本初!“ココロとカラダ”を整える「TSUTAYA」のジム

【西宮にオープン】西日本初!“ココロとカラダ”を整える「TSUTAYA」のジム

  • 2021.11.11
  • 2232 views
西宮に11/10オープン! AIが指示してくれる最新マシンなどでトレーニング
出典:リビング兵庫Web

11月10日、西宮市薬師町に「TSUTAYA」が提案するライフスタイルジム「TSUTAYA Conditioning 西宮薬師町店」がオープンしました。

「『TSUTAYA Conditioning』は〝ココロとカラダを整える〟がコンセプト。今よりちょっとだけ自分のコンディションを意識した時間を持つことで、多くの人により良いコンディションで日々を過ごしてもらえればと思い、“鍛えるから整える”を意識して、2017年、東京・世田谷に第1号店をオープンしました。この西宮薬師町店は、全国2店舗目です」(広報室・後藤沙織さん)。

西日本では初出店となる西宮薬師町店。オープン前に開催された内覧会で、体験してきました。

出典:リビング兵庫Web

▲本に囲まれた空間に最新マシンが。写真手前の番号がついたマシンは“AIマシン”。本は、「運動・美・くらし・食」という4つのテーマでセレクトされた約500冊が並びます まずは、最先端のマシンから。 一度自分の情報を登録すれば、次回からはAIがサポートしてくれる“AIマシン”が導入されています。スマートバンドをかざすと、どのマシンに行くべきかAIが指示をくれ、マシンのチェアの高さや肩の高さなども自動で調整してくれるので、マシンの設定がわからないといった煩わしさはナシ。“整える”ことが主目的なので、負荷も軽めからスタート。AIがサポートしてくれるマシンは、肩回りや太もも、ふくらはぎなどのコンディションにアプローチしてくれます。

出典:リビング兵庫Web

▲このスマートバンドをかざすと…

出典:リビング兵庫Web

▲1番のマシンに行くように指示が出ました。腕や足を動かすタイミングもすべて指示してくれるので、ゲーム感覚でトレーニングできます AIマシンのほか、本を読みながら、またYouTubeなどを見ながらペダルを漕ぐことができるマシンも。全自動ストレッチマシン(整えチェア)もあります。

出典:リビング兵庫Web

▲このマシンでは、自分の本やタブレットを持ち込むのはもちろん、YouTubeを見たり海外の景色を見ながらペダルをこぐことも可能。“自分時間”を過ごせそう

出典:リビング兵庫Web

▲全自動ストレッチマシン「整えチェア」は、運動前後に座るのがオススメだそう。座っているだけで、コリがほぐされる感じが気持ちイイ

親子ヨガや姿勢ヨガなどのオリジナルプログラムが充実! オンラインでの受講もOK

「TSUTAYA Conditioning」は、ヨガのプログラムも充実。お店に来て受講するプログラムだけでなく、お店で実施しているヨガプログラムと同じ日時に生配信で受講できるオンラインヨガも用意されています。オンラインでは、東京のお店のプログラムも受講できます。

出典:リビング兵庫Web

▲ヨガスタジオは真っ白な空間。プログラムに集中してもらいたいという理由から鏡がありません

出典:リビング兵庫Web

▲インストラクターの西林さきさん ※西林さんのプログラムは西宮の会員はオンラインでの受講のみ可

トレーニングが終わった後は、シャワーも完備された清潔なパウダールームでさっぱりできますよ。シャワーヘッド、ドライヤーは、女性に人気の高い「ReFa」製品が採用されています。

出典:リビング兵庫Web

▲「ReFa」製品のヘアドライヤーがならびます

会員料金は、施設で受講できるヨガの回数の違いや、かわいいウェアがレンタルできるサービスなどの有無などにより、「ライト」(1カ月7480円~)、「ゴールド」(同10230円~)「プラチナ」(同14080円~)の3種類。11月末までに入会すると、OPENキャンペーンとして、月会費の550円割り引きや(1年間)や、スマートバンド(通常2200円)をプレゼントしてもらえる特典もあるそう。

「本に囲まれた空間で、最新マシンやヨガプログラムのほか、イベントをなどを通じて〝西宮に住む女性が最高の自分時間を過ごせる場所〟を提供していければ」と後藤さん。会員だけでなく、誰でも参加できるセミナーなども開催し、地域の人に喜んでもらえるお店を目指していくそうです。

「TSUTAYA Conditioning 西宮薬師町店」 ■住所:西宮市薬師町2-38(阪急門戸厄神駅歩12分) ■営業時間:午前9時~午後10時。無休 ■問い合わせ:℡0798-66-7092 https://tc.tsite.jp/5712/index.html

元記事で読む