1. トップ
  2. 芸歴14年の『愛の不時着』出演女優が脱北したボクサー役で初主演!

芸歴14年の『愛の不時着』出演女優が脱北したボクサー役で初主演!

  • 2021.11.10
  • 3080 views
芸歴14年の『愛の不時着』出演女優が脱北したボクサー役で初主演!
『ファイター、北からの挑戦者』 (C) 2020 Haegrimm Pictures All Rights Reserved

赤井英和も絶賛『ファイター、北からの挑戦者』イム・ソンミよりメッセージ

カンヌ国際映画祭に出品されたドキュメンタリー『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』(2016年)で世界に衝撃を与えたユン・ジェホ監督が、北朝鮮を逃れソウルにやってきた脱北者の女性がボクシングと出会い人生の再起をはかる姿を描いた感動作『ファイター、北からの挑戦者』を11月12日より全国順次公開。本作が芸歴14年めにして初の主演作となった俳優イム・ソンミ(ドラマ『愛の不時着』出演)から日本の観客に向けてビデオメッセージが届いた。さらに、俳優で元プロボクサーの赤井英和をはじめ各界の著名人が絶賛コメントを寄せてくれた。

“浪速のロッキー”と呼ばれ、12試合連続ノックアウト勝ちの快挙を成し遂げ、ボクサー引退後に俳優に転身した赤井英和は、「誰でも道でコケたら立ち上がるやろ。どんな事あっても立ち上がって、また前向いて歩くんや。独りちゃうぞ、人間は。思い出したワ、この映画みて!」と“赤井節”で本作を絶賛。”赤井英和の嫁 佳子”のアカウント名で夫・赤井英和との日々をつぶやくTwitter(@yomeyoshiko224)が大人気の妻・佳子さんと共に本作を鑑賞し、公式パンフレットには映画『ファイター、北からの挑戦者』を見て感じたことを率直に語り合う貴重な“夫婦対談”が掲載される予定だ。

また、20年以上ボクシングを続け、小説「空の拳」やエッセイ「ボクシング日和」などの著書もある小説家の角田光代は、「ただひたすら生きる場所を得るためだけに闘うジナの姿に、胸打たれました」とコメント。さらに、ボクシング歴30年の経験を活かし、自身によるオリジナル脚本でボクシング映画『BLUE/ブルー』を今年発表した吉田恵輔監督は、「彼女の抱える環境、苦悩、怒りが拳に乗っている。だからこそ強く。そして美しい。あらためてボクシングが好きになった。感謝!!」と熱く語った。

そして、本作で主人公リ・ジナを演じ、ドラマ『愛の不時着』で見せた存在感も記憶に新しいイム・ソンミから、日本の観客に向けてビデオメッセージが到着。劇中ではなかなか笑顔を見せないジナ役を演じた俳優と思えないほど満面の笑みで「日本でも『愛の不時着』で多くの方が私のことを知ってくださったかと思います。映画館で楽しんでいただけたら嬉しいです」とにこやかにコメント。芸歴14年めにして初の主演作となったこの映画が、日本で公開されることに喜びいっぱいの様子が画面から伝わってくる貴重な映像となった。

映画『ファイター、北からの挑戦者』は、11月12日より全国順次公開。

元記事で読む