1. トップ
  2. 食べごたえ十分!「豆腐ステーキ かにと三つ葉のとろみあん」/夫はホテルオークラ元総料理長、妻は料理家 ふたりの食卓

食べごたえ十分!「豆腐ステーキ かにと三つ葉のとろみあん」/夫はホテルオークラ元総料理長、妻は料理家 ふたりの食卓

  • 2021.11.9
  • 2948 views
ステーキにすれば食べごたえも十分「豆腐ステーキ かにと三つ葉のとろみあん」 (C)根岸規雄、石原洋子/KADOKAWA
ステーキにすれば食べごたえも十分「豆腐ステーキ かにと三つ葉のとろみあん」 (C)根岸規雄、石原洋子/KADOKAWA

これぞ看板メニュー!フルーツを添えた「フレンチトースト」/夫はホテルオークラ元総料理長、妻は料理家 ふたりの食卓

料理を極めた夫妻の、心豊かなふだんの食卓。

ホテルオークラの元総料理長・根岸規雄さんと、料理家の石原洋子さん。ふたりの日々の「食卓」を紹介するのが『夫はホテルオークラ元総料理長、妻は料理家 ふたりの食卓』です。

ホテルオークラが日本に広めた伝統の味や、「世界一おいしい」と絶賛された人気のフレンチトーストのレシピなど、国際ホテルの厨房にて40年料理人を務めた夫と、TVでもおなじみな料理家の妻の手作り食生活をご紹介。ホテル仕込みの絶品レシピや普段使いしたいレシピが盛りだくさんの本書から、絶対マネしたくなる料理の数々をお教えします。

※本記事は根岸規雄、石原洋子著の書籍『夫はホテルオークラ元総料理長、妻は料理家 ふたりの食卓』から一部抜粋・編集しました

ステーキにすれば食べごたえも十分 豆腐ステーキ かにと三つ葉のとろみあん

手軽に使える豆腐は毎日食べます。

こんがり焼いて、上品なかにのとろみあんをかければ、立派なごちそうに。

しょうがのきいたさっぱり味のあんがヘルシーです。

◆材料(2人分)

もめん豆腐……1丁(300g)

塩……ひとつまみ

かにの身……3〜4本(40g)

三つ葉…… 1/4束(15g)

おろししょうが……少々

〈煮汁〉

水……2/3カップ

酒……大さじ1

しょうゆ……小さじ1/2

塩……少々

〈水溶き片栗粉〉

片栗粉……小さじ2

水……小さじ4

サラダ油……大さじ1/2

◆作り方

1 豆腐は厚みを半分に切ってペーパータオルに包み、10分ほど水きりをして塩をふる。

2 かにはほぐす。三つ葉は2cm長さに切る。

3 フライパンにサラダ油を熱し、1の豆腐を入れて3分ほど焼く。きれいな焼き色がついたら裏返してさらに2〜3分焼き、器に盛る。

4 豆腐を焼いている間にあんを作る。小鍋に煮汁の材料を入れて煮立て、かにの身を加えて再び煮立ったら水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。

5 三つ葉を加え、火を止めてしょうがを加える。

6 器に豆腐を盛り、5のあんをかける。

【POINT 1】

ペーパータオルを2枚重ねて包み、水気をきる。

ペーパータオルを2枚重ねて包み、水気をきる。 (C)根岸規雄、石原洋子/KADOKAWA
ペーパータオルを2枚重ねて包み、水気をきる。 (C)根岸規雄、石原洋子/KADOKAWA

著=根岸規雄、石原洋子/『夫はホテルオークラ元総料理長、妻は料理家 ふたりの食卓』(KADOKAWA)

元記事で読む