1. トップ
  2. おでかけ
  3. ファッションと環境問題について考える。ケリングが展覧会を開催

ファッションと環境問題について考える。ケリングが展覧会を開催

  • 2021.11.7
  • 240 views

〈グッチ〉や〈ボッテガ・ヴェネタ〉〈サンローラン〉などを擁するケリングが、サステナビリティについての展覧会『Fashion & Biodiversity: ケリングと共に考えるファッションと生物多様性』展を開催する。表参道・ケリングビルにて、11月26日(金)から28日(日)の3日間。

ファッションラバーとして知っておきたい
サステナビリティの現在地

私たちが身につける衣服は、どこからやってくるんだろう? ファッションラバーとして責任ある服との付き合い方って? そんな疑問を投げかける展覧会を、多くのラグジュアリーブランドを擁するケリングが主催する。素材を集めるところから、最終的に製品として店頭に並ぶまで。服作りの全ての段階における環境課題について理解を深め、その解決策をケリングと共に考えることが目的だ。

会場は6つに分かれており、来場者は色ごとに分けられた各セクションを進む。私たちが着ている服を通して、ファッションと自然の繋がりを理解する展示や、サステナブルなファッションのための選択肢について学べる展示が続く。予約制でボードゲーム形式のユニークなワークショップに参加することも!ファッションブランドの経営者となり、環境に配慮した素材を使ったり、CO2排出量を減らしながら、トレンドを考慮した製品を作る、というゲームだ。

衣服にはもちろん世界中の農場や畑、森林から得た素材が使われているし、『自然』がコレクションのインスピレーションソースになることも多い。ファッションにとって重要なこのテーマについて、楽しみながら学び、体感できるこの展覧会にぜひ足を運んでみて。

元記事で読む