1. トップ
  2. 山里亮太、人生の“大逆転”は「結婚したこと」どん底から救った恩人とのエピソードを明かす<逆転人生>

山里亮太、人生の“大逆転”は「結婚したこと」どん底から救った恩人とのエピソードを明かす<逆転人生>

  • 2021.11.7
  • 68 views
「逆転人生」で司会を務める山里亮太 撮影=阿部岳人
「逆転人生」で司会を務める山里亮太 撮影=阿部岳人

【写真を見る】かっこよくポーズを決める山里亮太

南海キャンディーズの山里亮太が司会を務める「逆転人生」(毎週月曜夜10:00-10:45)が10月に放送100回を迎えた。同番組は、人生のどん底からはい上がった人々の、人生の“逆転劇”に迫るバラエティー。

約3年間司会を務める山里は、番組を「人生の処方箋のよう」と語り、自身もこの番組が悩みを解決するヒントや新たな発見につながったという。WEBザテレビジョンでは、そんな山里にインタビュー。自身の転機となった出来事や、どん底時代を支えてくれた人物などを語ってもらった。

山里亮太インタビュー

――「逆転人生」が放送100回を迎えました。これまで司会を務めてこられていかがでしたか?

毎回新鮮な気持ちで、さまざまな逆転劇から学ばせていただいています。

司会を務めさせていただいてから約3年間、あっという間に過ぎていきました。たくさんの方々からお話を聞くたびに、自分の中の大小いろいろな壁が壊れていく感じがして、番組を通して勉強させていただき、成長させてもらっています。

――特に印象に残るエピソードはありますか?

その時に自分が抱える悩みについて、解決できる“答え”を教えてくださる方はとても印象に残っています。最近だと、秋田のご当地ヒーローの「超神 ネイガー」の話(11月8日[月]放送)は、自信を無くしていた僕の心に響きました。自分のやっていることの価値とかすごさを実感できなくて、他の人と比べて、落ち込んでしまうことってあると思うんです。

その時に、ネイガーがまだヒーローとして人気が出る前に、一人の子供が自分のことを真似してくれる姿を見て、この子の目にうつる限りヒーローでいなきゃと立ち上がる力をもらったというエピソードを聞きました。

自分の話に一人でも耳を傾けてくれる人がいるという事は、本当に特別な、すごいことだなと思わなきゃいけない。そして、そう思うことで自分がどれだけ幸せかということが分かる。僕自身も頑張らないといけないと感じましたし、今の状況がとても幸せなんだなと考えさせられました。

あとは、「奈良のとんかつ屋さん」には実際にお店に行ってお会いすることもできました。“誰かのために”と思って行動に移したことが、実は自分の成長の近道だったりするということや、この時代のSNSの正しい使い方を学ぶことができたなと思います。

――「逆転人生」の司会をする上で、意識されていることはありますか?

そうですね…、おもしろい話を引き出そうとか、そういう事はあまり意識していません。

というのも、毎回すごい逆転を経験した人の言葉や経験を、スタッフの方々がVTRにまとめてくださっています。なので、僕がおもしろくしよう!と考えなくても既におもしろいんです(笑)。

僕は、そんな「逆転人生」のドラマを一番に見ることができる“視聴者”という思いが強いです。

でも、その中で視聴者の方々が番組を見終わった後に「結局何を伝えたかったんだろう…」と思わないように質問とかできていればいいなと考えています。常に視聴者の目線に立って、逆転した方々がどのようにすごいのかというのを伝えたいなと思っています。

「逆転人生」で司会を務める山里亮太 撮影=阿部岳人
「逆転人生」で司会を務める山里亮太 撮影=阿部岳人

山里亮太「結婚は本当にいろいろ変わりました」

――山里さんご自身の“逆転人生”はありますか?

僕の人生で大きな出来事といえば結婚したことです。ちょうどこの「逆転人生」の第1回の放送が始まる直前に結婚を発表させていただいて、コメントで触れさせていただいた記憶があります。

結婚につながるのが相方のしずちゃんとの出会いなので、逆転の種をまいたのはコンビ結成の時かもしれませんね(笑)。

結婚は本当にいろいろ変わりました。考え方や、違う選択肢を見つけてくれる、新しい目線をくれる人がそばにいることで、こんなにも新しいことが増えるんだと感じました。僕の人生の中で“逆転”となった一番の出来事です。

――結婚を機に、芸人としてのお仕事も変わった…ということはありますか?

そうですね、結婚する前は“じゃない方芸人”と呼ばれたり、「気持ち悪い」とか、嫌われているという世間のイメージを武器に仕事をしていたのですが、結婚後は、これまでとは違ったお仕事もいただけるようになった印象です。

ですが、やはり仕事での大きな“逆転”は「スッキリ」(毎週月~金朝8:00-10:25、日本テレビ系)の“天の声の見守り”をするようになってからかもしれません。

「密室謎解きバラエティー 脱出ゲームDERO!」(2010年、日本テレビ系)という番組で、紙袋をかぶった“管理人”という役割をいただき、その際にスタッフの方に声だけで戦う方法を教えていただきました。

そのスタッフの方が「スッキリ」を担当されるときに、“天の声の見守り”ということで出演させていただくことになりました。当時MCをされていたテリー伊藤さんが「君っておもしろい人だったんだ、知らなかった」と言ってくださったのが印象に残っていて。そのテリーさんの言葉って、世間の声だと思うんですね。なので、僕を知ってくださる人が増えたのは「スッキリ」がきっかけだったのかなと思います。

そして、僕は恵まれたことに、加藤浩次という天才が番組にいてくれて、何を言っても加藤さんが助けてくれ、僕のことをおもしろくしてくれて(笑)。月~木曜まで10年間ずっと加藤浩次という一級のプレイヤーにずっと組手をして、鍛えてもらっているイメージで、そこから力がついていろいろな番組に出演できるようになったのかなと思います。

「逆転人生」で司会を務める山里亮太 撮影=阿部岳人
「逆転人生」で司会を務める山里亮太 撮影=阿部岳人

――テリーさんや加藤さんとの出会いが、山里さんの芸人としての“逆転”につながったということですね。他にもそのような先輩や身近な人はいらっしゃいますか?

たくさんの方が思い浮かぶのですが、千鳥の大悟さんは僕がどん底の時に支えてくださいました。

大きい賞レースで、最下位に近い順位になったり、失敗ばかりに目を向け、最悪の想定ばかりして、逃げ出しそうになったときに、大悟さんが芸人を辞めようとしていた僕を止めてくれました。

あとは、初代のマネージャーさんも、僕が腐りそうだったときに、何十年も先のことまで考えて、「今踏ん張ればこの先大成功しているから!」と励ましてくださいました。その当時、何の根拠もなかったと思うのですが(笑)。

でも、その時に失敗に対して“対峙する”というよりは、“寄り添う”というイメージを持つことが大切なんだと思いました。

「逆転人生」で司会を務める山里亮太 撮影=阿部岳人
「逆転人生」で司会を務める山里亮太 撮影=阿部岳人

山里亮太「地獄のような失敗をしたこともあります」

――たくさんの失敗を経験されて、今の山里さんがあるということですね。

そうですね。あとは、「日本アカデミー賞」の授賞式のときに、賞と賞のインターバルでインタビューをする、レポーターのようなお仕事をさせていただいたことがあるのですが、その時に何とか爪痕を残そうと奮闘したのですが、空回りしてしまい…。

大監督を怒らせるわ、ボケてもスベリ続けるわ、という地獄のような失敗をしたこともあります。

でも、その放送をタモリさんがご覧になっていて、「笑っていいとも!」(1982年~2014年、フジテレビ系)で、“スベリキャラ”としていじってくださいました。落ち込んでいた僕に、新たな役割やキャラクターを与えていただき、本当にありがたかったです。その時に「失敗を笑いに変える方法もあるのではないか」と思えるようになりました。

――山里さんの周りの方たちで「逆転人生」で取り上げたらおもしろいだろうな…と思う人はいらっしゃいますか?

最近だと、「キングオブコント」で優勝した空気階段とかおもしろいかもしれないですね!

鈴木もぐらはネズミしかかからないような奇病にかかったり、すごい人生を歩んでて。それが日本一になって、あの日から休みのない日々を過ごしていると思うので、掘り下げてみたらドラマが生まれるのではないかと思います。

「キングオブコント」とか「M-1」とか人生が変わるきっかけがある仕事ってなかなかないと思うので、「いいな~夢あるな」と思います。分かりやすく180度人生変わるので。

「逆転人生」で司会を務める山里亮太 撮影=阿部岳人
「逆転人生」で司会を務める山里亮太 撮影=阿部岳人

――先ほどは山里さんの人生を変えた先輩芸人の方々のお話をいただいたのですが、今後は山里さんが若手芸人の皆さんの人生を変えるきっかけになるかもしれませんね。

いや~!僕がきっかけになれたらうれしいですが、もちろんそんな気持ちはなくて…これからは変える側になれたらいいなと思いますよね。それで言うと、おもしろい人たちはたくさんいるので…。

最近だとカベポスターっていう芸人がいるんですが、テレビにどんどん出てきてくれたらなと思いますし、「キングオブコント」の決勝に出ていた、男性ブランコも大阪で必死にやってきた人たちだから、僕が世の中に知ってもらえるような、後押しができればなと思います。

平たく言うと、すごい人たち、面白い人には恩を売っといた方がいいので!(笑)

売れたときに「山里さんのお陰で~」とかテレビで言ってくれたら、この先、業界で生きていくには助かると思うので、そういうチャンスは色々なところで作っていこうかなと思います(笑)。

「逆転人生」で司会を務める山里亮太 撮影=阿部岳人
「逆転人生」で司会を務める山里亮太 撮影=阿部岳人

山里亮太「番組で紹介してほしい“逆転劇”が生まれるかも」

――最後に、改めて「逆転人生」の見どころをお願いいたします。

この番組は、人生の処方箋のようだなと思っています。

本当にVTR見て、ベタなせりふが思い浮かぶことありますもん。「情けは人の為ならず」とか(笑)。人のためじゃなくて、自分に全部帰ってくることとか、努力の量とか、シンプルなんですよね。でも、忘れがちなことを教えてくれます。

大逆転って、これまでは“才能をもった人間に起こる奇跡の集合体”だと思っていたのですが、そうではなくて、誰にでも起こることなんだと思いました。番組で紹介される方々が天才で、恵まれた才能で呼吸をするように逆転劇に出会っているわけではなくて…。皆さん、逆転劇を手に入れるためにいろんなことに挑戦されていましたし、そこまでやるんだ!という驚いたエピソードもありました。

ときどき「それはあなたにしかできないよ」と思う人もいますが(笑)、それは稀な人たちで、“大逆転”できない人っていないと思うんですよね。あとは、毎回必ず最後には勝つので(笑)。悩み事を抱えた人は、この番組で何か答えが見つかればいいなと思いますし、悩み事がない人も、見終えた後にスカッとした気持ちになってほしいなと思います。

――ありがとうございます。今回、お話を聞かせていただいて、いつか山里さんの「逆転人生」もドラマ化して放送してほしいなと思いました。

本当ですか!僕の人生を…。でも、いつか特別編とかで紹介していただけたらうれしいです。「逆転人生」のチーム、本当に素晴らしいスタッフがそろっているので、その方たちの力を借りて(笑)。

NHKって、何年も続く番組を生み出すことがすごいなと思っていて、この「逆転人生」も、この先何年も続けていくことができたら、僕が50歳、60歳になったら、番組で紹介してほしい“逆転劇”が生まれるかもしれないです(笑)。

今はまだまだ勉強中の身ですので…将来、そうなればいいなと思います。

この番組を通して、主人公ってそこら中にいるんだな、と。自分もその主人公に名乗り上げていいんだなと思いました。

逆転した瞬間に「主人公になれる…」と思うと、苦しいことも乗り越えられそうですし、この先も頑張っていこう!となるかもしれないですね。

元記事で読む