1. トップ
  2. ファッション
  3. スタイリストの「愛用ジュエリー」、手に入れた理由とは【TASAKI、ティファニー…】

スタイリストの「愛用ジュエリー」、手に入れた理由とは【TASAKI、ティファニー…】

  • 2021.11.7
  • 11416 views

打合せをしているとき、ふと目に留まる手元や顔まわりのジュエリー。「素敵ですね、どちらのですか?」の会話から、それぞれ唯一無二の物語があることに気が付きました。素敵な先輩の素敵なジュエリーヒストリーを参考に、〝私だけのジュエリー〟を手に入れるきっかけになれば嬉しいです。

スタイリスト 荒木里実さん

30代の頃から思い続け、手に入れたTASAKIのパール

30代の頃から、冠婚葬祭にも着けていけるような上質なパールのジュエリーが欲しいと思っていたのですが、いざジュエリーを買いに行くと〝今〟のムードをキャッチしたデザインに惹かれてしまい、つい後回しになっていました。そんな中コロナ禍を迎えて、この先何年も使い続けられるようないいものに投資をしたい気持ちが高まり、昨年TASAKIでシンプルなパールのネックレスとピアスを購入。年を重ねても着けられるよう、大人にふさわしい粒の大きさにもこだわりました。

冠婚葬祭用に、と思っていましたが、チェーンネックレスと重ねたり、フォトTに合わせたりと、デイリージュエリーとしても活躍中。カジュアルコーデをきちっと格上げしたり黒コーデに華やかさを足してくれる存在で、改めて、主役にも名脇役にもなるパールの魅力を再認識しました。

昔からジュエリーは服以上に、自分目線で本当に好きなものを選んできました。だからか20代で買ったものを久しぶりに着けてみても、まったく違和感がないんです。根本にある好きなものって年齢を重ねても変わらないから、流行や周りに左右されず、〝好き〟を基準に選ぶことが、長く使えるジュエリーとの出会いに繋がると思っています。

スタイリスト・荒木さんのジュエリーヒストリー

20代初め
アシスタント時代に師匠からもらったリターントゥ ティファニーのハート タグ ブレスレット

20代半ば
23歳でスタイリストとして独り立ちし、JJをメインに活躍。カバーや巻頭特集のスタイリングを手掛け、大忙しの日々がスタート!

20代後半
29歳で長男を出産後、3カ月で仕事復帰。CLASSY.、VERYなどの女性誌で多くのファッション企画を担当。

30代前半
仕事と育児、家事に奮闘する自分へのご褒美に買った、CAROLINA BUCCIの18Kイエローゴールドのブレスレット。

30代半ば
ファッション誌だけでなく、カタログやブランドのイベントなど仕事の幅が広がり、公私ともにさらに充実。

30代後半
CLASSY.の撮影のたびに訪れていたNYのティファニー本店で手に入れた、メトロとティファニーTのリング。メトロはお世話になっているライターさんと一緒に買った思い出も。39歳で次男出産。

スタイリスト 荒木里実さん

1974年生まれ。スタイリスト歴24年。現在はCLASSY.、VERYなどの女性誌で活躍。CLASSY.では特集やカバーのスタイリングなども手掛ける。高校生と小学生の兄弟のママ。

撮影/西原秀岳(TENT) 取材/坂本結香 再構成/Bravoworks.Inc

元記事で読む
の記事をもっとみる