1. トップ
  2. 恋愛
  3. 条件重視の結婚で、人は本当に幸せになれるのか?

条件重視の結婚で、人は本当に幸せになれるのか?

  • 2015.7.25
  • 741 views

条件重視の結婚で、人は本当に幸せになれるのか?

仕事に美容に恋愛に、女の人生ってけっこー大変! 私はこのままでいいのかな? 幸せになれるかな? そんなモヤっとした悩みを浄化し、毎日がもっと楽しくなる痛快エッセイを、毎週土曜日お届けします。

実は結婚したら仕事を辞めたい…そう希望する女性は多いもの。でも、結婚したからといって今よりいい暮らしができるとは限らないこの時代、結婚する価値ってなんなのでしょうか? やっぱり安定? やっぱりお金? それともラブ…


【恋愛はしたいけれど1mmも傷つかずに生きたい】vol.1

「あぁ、結婚に夢を重ねる時代は終わったな」

結婚の代名詞である雑誌『ゼクシィ』が、春から婚活ビジネスに参入したそうだ。まったく、これ以上女を焦らせてどうするつもりだ。

サービスを見てみると、なんでも価値観のマッチングにSPIテストのノウハウを入れ、精度を高めナントカカントカ…とりあえず金のかかったサービスは違うらしい。『ゼクシィ』といえば結婚式、結婚式といえば女の夢。そんな夢を手に入れるためには、現実をしっかり見つめてコツコツ行動するしかないってことか。

『ゼクシィ』との初対面は、女友達のセフレ宅にて。

『ゼクシィ』といえば私はいつも、当時付き合っていた彼氏の男友達の話を思い出す。男友達は私の女友達といわゆるセックスフレンドの関係で、まあベッド上でのカップルと言っても、いい年の男女ですから、そこはカップルとさほど変わらないわけで、私と彼氏を含めた4人で遊びに行ったりご飯を食べたりと、普通の恋愛と1ミリズレたような感じの関係。

友人とセフレ関係だったその男を仮に「若旦那」としましょう。なぜ若旦那かと言うと、みんなでカラオケに行ったとき、湘南乃風を起立して熱唱していたから。見た目もやや似ていて体格がよく、外ズラが異常にいい兄貴肌。冬にはナイロン生地の赤いダウンを着こなす若旦那は、思い出してもとても暑苦しい男であった。というか、友達以上恋人未満の女の前で、愛とか恋とか歌うなんて…細かいことを考えず自分に酔えて、なんて幸せなのだ!

その若旦那の家に、私と彼、そしてセフレ彼女の3人で遊びに行くことになった。若旦那の家は埼玉の郊外にあり、車があればまあまあ便利な街。マンションも家賃の割には綺麗で広くて、比較的キレイに掃除された部屋に、私は逐一チェックを入れます。だってこれ、仕事だもんね。

「このベッドがウワサのラブネスト(愛の巣)か。ちょっとシーツがたゆんでいる感じが生々しいな」

「ほほう『ワンピース』が好きなのか。兄貴肌をアピールする性格を考えると、推しキャラはゾロであろう」

「冷蔵庫がご家庭サイズなのは、ここに引っ越す前は同棲だったな」

普段見られない男の生態をつぶさに観察していたら、テレビの横に異様な空気を放つモノを発見。

『ゼクシィ』である。

分厚すぎる雑誌が、ファッション雑誌やパチスロ雑誌と重なりながら、存在感とオーラを放っていた。

「『ゼクシィ』なんて読んで、どうしたの? キミ結婚すんの?(笑)」

悪魔の尋問開始。

いや、でもね、先に弁解させていただきますと、こんな若旦那と友人の、正しいカタチではない男女関係に、女側の友達として、正直反対の気持ちもあったわけ。もしやこれは、友が突っ込みたくても突っ込めない部分なのではないかという勝手な想像もありまして……とにかく私は暴走し、女友達を愛するが故の援護射撃をバンバン打った(援護になっていたかは不明です)。

援護射撃という名の「逆ゼクハラ」。

「いやいや違うよ! 前の彼女が買ってきてそのままなの(キッチンでご飯を用意する手を止めずに返答)」

なんて苦しいのだ若旦那よ。この雑誌、先々月号じゃないか!

「そうなんだ〜(発売日についてはあえて突っ込まない)前の彼女とは結婚するつもりだったの?」

「え? あーまあ向こうはそうだったみたいねえ…(料理の手をさらに機敏に動かしながら回答)」

このとき女友達の顔は見ていない。優しさとは時に痛みを伴うものなのだ、愛しき友よ。

「へ〜、『ゼクシィ』って初めて見たわ。式場広告ばっかだな」

私の彼氏がつぶやく。超絶GJ!!!!

援護射撃に無自覚の加勢が加わり、完全に若旦那へのゼクハラと化す。和気あいあいとしたホームパーティーを修羅場に変えようとする空気を読まない私と読めない彼。半分無視する若旦那と女友達。逃げて追いかけてを繰り返しながら、「今の家で同棲を始めた直後に、前の彼女が突然出ていってしまった」「結婚も少し考えていたので、『ゼクシィ』は彼女が買ってきた」という苦しいエピソードを引き出したところで試合終了。

「できたよ〜」と無邪気に並べられる餃子をスルーすると、「若旦那は料理上手なんだよ。いつも作ってもらってばっかりなの!」

女友達が私たちを食事へと促す。ああ友よ、ごめん。痛い思いをさせてごめんね。心の中でつぶやきながら、若旦那の作った餃子をパクリ。

「た、確かにうまい!」

若旦那に向けられたゲスな尋問は、反撃の餃子により沈静化されたのだった。

まさか・・・若旦那のその後。

それから数ヶ月後。ゆがんだ彼らの恋愛関係は、それ以上の発展が望めなくなり幕を閉じた。彼氏からその後の若旦那の近況を聞いていると、なんと別れて数ヶ月後に若旦那の結婚がきまったと教えられた。

「あのゼクシィ…」

怒りに震えながら状況を聞き出すと、相手の女性は都内に一軒家を持つ土地持ちの家の娘さん。婿にならないものの、今後は妻の家を頼りながら生活する気らしい。

資産状況を耳にし、またしてもため息が漏れた。

「男もそこ重視の時代ってことなの?!」

後に若旦那が本命彼女と結婚式を挙げた話を聞くと、新郎スピーチで大号泣。あまりの泣きっぷりに若干周りも失笑気味だっそうだ。

「はじめて会ったときから、○○さん(新婦)と一緒になりたいと決めていました〜〜〜〜(涙)」

「本当にみなさん、ボクは幸せものでぇぇぇぇぇす!!(大粒の涙)」

「ぜったいにぃぃぃ、幸せにしますぅぅぅぅ!!!(のび太泣き)

まったく熱い! そしてどの口が言えた話だか。悪態をつきつつ、あの日のパーティーを思い出す。「情熱的」な男は、この先の人生、そこそこうまくやっていくのだろう。セックスしたら前戯を長めにとって女をよろこばせ、子供が生まれたらイクメンを気取り、人前で自分の好感度アップのために奥さんを褒め、そして何より、マイホームやワンボックスカーを手に入れ、ファミリータイプの良質な暮らしを築いていくのだろう。

リターン独女が考える本当のオトナ。

一般的には幸せと言えるのだろうが、全ては自分のイイ男としてのプライドを満たすための愛情表現。そんな薄っぺらい男なんて、私は絶対一緒になりたくないし、セックスだってするものか! 若旦那からアプローチされたわけでもないのに、私はさらに鼻息を荒げる。

愛なんてしょせん3年ほどで枯れるなら、結婚はステイタスや安定に走りたくなる気持ちもわからなくはない。ただそんなドライに選んだ人生を一人前のオトナと言うのなら、私はまだまだ半人前で結構だ。

おおしま りえ/雑食系恋愛ジャーナリスト・イラストレーター

10代より水商売やプロ雀士などに身を投じ、のべ1万人の男性を接客。20代で結婚と離婚を経験後、アップダウンの激しい人生経験を生かし、現在恋愛コラムを年間100本以上執筆中。そろそろ幸せな結婚がしたいと願うアラサーのリターン独女。

HP:http://oshimarie.com