1. トップ
  2. 恋愛
  3. 月星座「牡羊座」の性格、恋愛傾向は? 一瞬一瞬に喜びを見つける

月星座「牡羊座」の性格、恋愛傾向は? 一瞬一瞬に喜びを見つける

  • 2021.11.2
  • 6959 views

太古より、私たちは移ろいゆく月の影響を受けて暮らしてきました。新月、満月……月のリズムには、自分らしく生きるヒントが隠されているようです。占星術の月と太陽は裏表の関係。月はあなたの隠れた部分を担います。今回は牡羊座の性格、恋愛傾向をお届けしましょう。

■月星座とは?
◎太陽星座と月星座の違い
太陽星座は生きる目標、月星座は内側の感情をあらわします。太陽星座が同じなのに、どこか雰囲気やキャラクターが違うなと感じる場合もあるでしょう。こうしたことの多くは月星座の違いによるものです。なお、太陽はおよそ30日、月はおよそ2日半で星座を移動します。

■月星座・牡羊座の人の性格、特徴
◎生まれながらのリーダー
月星座・牡羊座は根っからの負けず嫌い。どんな勝負も勝つことが前提で挑みます。牡羊座は12星座の最初の星座で、頭角をあらわすために努力を惜しみません。気持ちの上で負けないだけでなく、誰よりも抜きん出たいのです。トップとしてリーダーシップを発揮しようと試みるでしょう。

◎一瞬一瞬に喜びを見つける
月星座・牡羊座は新しいチャレンジが好き! 目新しいことに関心を持ち、親しみある場所より新しい状況に置かれることや危険な冒険を選ぶなど、刺激を好む傾向があります。普段から元気でフットワークよく動き回り、チャンスがあれば喜び、迷わず飛びつくはず。

◎自分中心に世界を回したい!
月星座・牡羊座は、誰にも邪魔されずに自分の思い通りに生きることを大切にしています。正義感が強く嘘や隠し事が苦手なので、それは周囲への姿勢としても素直にあらわれるでしょう。若いうちは思い通りにならないことも多いのですが、基本的にポジティブシンキング。

◎熱しやすく冷めやすい
月星座・牡羊座は一目ぼれしがちなタイプ。正直で、好きになると真っ直ぐな態度を取ります。ただし“しがち”がつくように、のぼせやすいのです。あれほど夢中だったのに、しばらくすると飽きて目もくれない、なんてことも。そうした後腐れがない、さっぱりとドライな一面もあります。

◎シンプルイズベスト
月星座・牡羊座は、装飾の多いものより単純で機能的なものを好みます。例えば服装も、ひとつバッチリ決まるポイントを押さえたら、プラグマティックでサッと着こなせるものを愛用するでしょう。牡羊座は火星が支配していて活動的。常に戦えるよう、余計なものは省くのです。

■月星座・牡羊座の男性の恋愛傾向
◎好意の示し方
月星座・牡羊座の男性は面倒見がいいのですが、無作法で無骨なところが。自分の気持ちを抑えることをしないタイプです。そのため、好意の示し方は積極的で情熱的でストレート。好き嫌いも態度にハッキリ示します。駆け引きも一切なし。勝負好きなのでライバルがいれば余計に燃えるし、アプローチにも熱が入ります。

◎好きになる女性の特徴
月星座が牡羊座の男性は、直感的で正直。何事も自分が一番でないと満足できません。好きになるタイプは、そうした欲求を満たす女性です。具体的には外見も中身も“一番”の特別な女性が理想でしょう。とはいえ、月星座・牡羊座の男性は素直なので、頼りにされたり甘えられたりすると、それが特別感となり好きになることもあります。

■月星座・牡羊座の女性の恋愛傾向
◎好意の示し方
月星座が牡羊座の女性は一見おとなしそうに見えても、とても情熱的でパワフル。自分の気持ちは抑えられないタイプです。そのため、好意の示し方は「一途に純粋に当たって砕けろ」。恋に無駄な時間をかけたくないので、常に前を向いて好きな人にだけ猪突猛進、アピールします。

◎好きになる男性の特徴
月星座が牡羊座の女性は、直感的にピンと来るかどうかか肝心。この直感には根拠はなく、好きになる男性の特徴は決まっていませんが、見た目は圧倒的にイケメンが多いでしょう。直接的に“欲しい”と感じて恋をします。自分の気持ちに忠実に恋をするけれど、完璧だからといって好きになるわけでもなさそう。月星座が牡羊座の女性は一途で、好きになる男性をかっこいい人だと感じます。

(はゆき咲くら)

元記事で読む
の記事をもっとみる