1. トップ
  2. 夜や休日は飲んだくれてばかり。ある朝、牛乳にカルーアを入れてしまい…/人生が一度めちゃめちゃになったアルコール依存症OLの話

夜や休日は飲んだくれてばかり。ある朝、牛乳にカルーアを入れてしまい…/人生が一度めちゃめちゃになったアルコール依存症OLの話

  • 2021.10.30
  • 38743 views
明るく会社行けるなら…良いんじゃないか…? (C)かどなしまる/KADOKAWA
明るく会社行けるなら…良いんじゃないか…? (C)かどなしまる/KADOKAWA

朝起きたら飲酒しないと出勤できない!通勤途中、駅のお手洗いで一気飲みすることも…/人生が一度めちゃめちゃになったアルコール依存症OLの話

出勤前の一杯のカルーアミルクが、アルコール依存症の始まりだった…。

現在はのんびり平和に生きているというアラサー会社員かどなしまるさん。

しかし数年前、新卒で入った会社で働いていたころは朝起きたらお酒を飲まないと出勤できない「アルコール依存症」でした。

家にお酒がないと通勤途中のコンビニで買い、駅のお手洗いでお酒を2本一気飲み。そしてできあがってから出勤という日常を送っていたそうです。

普通のメーカーに勤務していたものの、人間関係は「ハズレ」だったといいます。

人格を否定して怒鳴り散らす上司、パワハラで通報された過去のあるお局先輩、気にくわないものを破壊しまくるギャル先輩…。業務中は一切雑談もなくギスギスとした職場は居心地が悪く、課長や先輩に話しかけることはもちろん、席を立つのも怖いと感じる日々でした。

ある日、その苦しみから逃れるために「たった一杯だけ」と出勤前に手を出したカルーアミルク。その一杯から、地獄が始まって…。

「ダメだ」とわかっていながらも、お酒を飲んでの出勤が常習化し、転がり落ちるように依存症の沼にハマっていく著者の体験と、そこから努力をして這い上がっていく様を描いた手に汗握るコミックエッセイ『人生が一度めちゃめちゃになったアルコール依存症OLの話』。かどなしさんがお酒におぼれていくエピソードは、誰でも陥る可能性のある依存症の怖さを教えてくれます。

※本作品はかどなしまる著の書籍『人生が一度めちゃめちゃになったアルコール依存症OLの話』から一部抜粋・編集しました

どっと身体が重い…変な疲れ方してる… (C)かどなしまる/KADOKAWA
どっと身体が重い…変な疲れ方してる… (C)かどなしまる/KADOKAWA
なんか楽しいこと降ってこないかな… (C)かどなしまる/KADOKAWA
なんか楽しいこと降ってこないかな… (C)かどなしまる/KADOKAWA
1日でもいいから平穏に過ごしたい (C)かどなしまる/KADOKAWA
1日でもいいから平穏に過ごしたい (C)かどなしまる/KADOKAWA
…この状態なら 楽に出勤できる気がする…! (C)かどなしまる/KADOKAWA
…この状態なら 楽に出勤できる気がする…! (C)かどなしまる/KADOKAWA
傷ついたからって自分は感情通り振る舞っていいんかい… (C)かどなしまる/KADOKAWA
傷ついたからって自分は感情通り振る舞っていいんかい… (C)かどなしまる/KADOKAWA
もう少し言葉選んでも良いのに… (C)かどなしまる/KADOKAWA
もう少し言葉選んでも良いのに… (C)かどなしまる/KADOKAWA
めっちゃ当たってくるやん… (C)かどなしまる/KADOKAWA
めっちゃ当たってくるやん… (C)かどなしまる/KADOKAWA
自分に似てるからだ (C)かどなしまる/KADOKAWA
自分に似てるからだ (C)かどなしまる/KADOKAWA
飲むと心が鈍麻してどうでもよくなる… (C)かどなしまる/KADOKAWA
飲むと心が鈍麻してどうでもよくなる… (C)かどなしまる/KADOKAWA
シラフじゃとても生きていけないんだ…! (C)かどなしまる/KADOKAWA
シラフじゃとても生きていけないんだ…! (C)かどなしまる/KADOKAWA

人間関係の辛さからお酒に頼ってしまいそして依存に陥ってしまったというかどなしさん。

一度依存してしまうとそこから抜け出すことは容易ではないですよね…。

落とし穴は実は身近に潜んでいるのかもしれません。

著=かどなしまる/「人生が一度めちゃめちゃになったアルコール依存症OLの話」(KADOKAWA)

元記事で読む