1. トップ
  2. <青天を衝け>吉沢亮“栄一”、銀行倒産の危機に大勝負へ打って出る!草なぎ剛“慶喜”は断髪&洋装姿で栄一と再会

<青天を衝け>吉沢亮“栄一”、銀行倒産の危機に大勝負へ打って出る!草なぎ剛“慶喜”は断髪&洋装姿で栄一と再会

  • 2021.10.30
  • 115 views

吉沢亮が主演を務める大河ドラマ「青天を衝け」(NHK総合ほか)の第33回「論語と算盤」が10月31日(日)に放送。同日は「衆院選開票速報2021」の放送に伴い、時間が夜7:10-7:55(NHK総合)へ変更となる。

【写真を見る】美賀子(川栄李奈)らを優しい目で見つめる慶喜(草なぎ剛)

同作は、新一万円札の顔としても注目され、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が幕末から明治へ、近代日本のあるべき姿を追い続け、時代の渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも高い志を持って未来を切り開いていく姿を描く。

「青天を衝け」は、栄一(吉沢)が生まれ育った武蔵国・血洗島村と草なぎ剛演じる徳川慶喜が生きる江戸で物語が進行していたが、時代はついに明治へ。第32回からは実業<算盤>編と題し、栄一は明治新政府に辞表を提出。慶喜との交流を大切にしながら、実業家として民間改革へ乗り出す。

栄一の幼なじみで生涯をともにする喜作を高良健吾が演じ、栄一の妻・千代を橋本愛が、娘の歌子を小野莉奈演じる他、田辺誠一、成海璃子、泉澤祐希らが出演する。

また、実業家となった栄一を支える五代友厚をディーン・フジオカ、対立を深めてい行く三野村利左衛門をイッセー尾形、岩崎弥太郎を中村芝翫が演じる他、明治政府の人物として山崎育三郎、大倉孝二、福士誠治、今後栄一と深く関わる役どころに大島優子も出演。物語のストーリーテラーとして北大路欣也演じる徳川家康も引き続き登場する。

注目の第33回「論語と算盤」では――

第一国立銀行の大株主、小野組が放漫経営で倒産する。小野組に無担保で多額の貸しつけをしていた第一国立銀行も、連鎖倒産の危機に陥る。

さらに、三野村利左衛門(イッセー)率いる三井が、この機に乗じて第一国立銀行を乗っ取ろうとする。銀行を守るため、栄一(吉沢)は、三野村との一世一代の大勝負に出る。

一方、喜作(高良)は、主要な輸出品である蚕卵紙(さんらんし)を値崩れさせようと、横浜の外国商館が口裏を合わせて買い控えをし始めたことに憤慨していた。

――という物語が描かれる。

公式ホームページの予告動画では、小野組の倒産により、第一国立銀行の連鎖倒産を食い止めようと奮闘する栄一の姿が。第一国立銀行を乗っ取ろうと怪しい笑みを浮かべる三野村と対峙する。

そして、栄一は久しぶりに静岡の慶喜の元へ。栄一の姿を見た慶喜は再会を喜び、笑顔になる。さらに、喜作の「10年越しの俺たちの横浜焼き討ちだ!」という言葉とともに、栄一らが火を放つ場面も。そんな中、大久保(石丸幹二)の身に危険が及び、日本はまた新たな時代へ向けて動き出す。

元記事で読む