1. トップ
  2. おでかけ
  3. ロバート・ダウニー・Jr.、別のマーベル作品で『ヴィラン』を演じる可能性があった

ロバート・ダウニー・Jr.、別のマーベル作品で『ヴィラン』を演じる可能性があった

  • 2021.10.29
  • 1728 views

MCU作品で10年以上にわたってアイアンマンを演じたロバート・ダウニー・Jr.が、別のマーベル作品でヴィランを演じる可能性があったことが明らかになった。(フロントロウ編集部)

11年にわたってアイアンマンを演じたロバート・ダウニー・Jr.

2008年にMCUの第1作目となる映画『アイアンマン』でアイアンマンことトニー・スターク役に抜擢され、以来、2019年に公開された映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』まで11年にわたってアイアンマンを演じ続けたロバート・ダウニー・Jr.

画像: 11年にわたってアイアンマンを演じたロバート・ダウニー・Jr.

ロバートが演じたトニー・スタークといえば、サミュエル・L・ジャクソンが演じるニック・フューリーと共にアベンジャーズ結成に乗り出した中心メンバーで、一連の作品の鍵を握ってきたキャラクター。ロバートは、実際にトニー・スタークのごとく、ハルクことブルース・バナーを演じるのに当初は乗り気じゃなかったマーク・ラファロを自ら説得したというエピソードも明かされたことがあるほど、責任感を持ってトニー・スタークを演じてきたことで知られる。

ロバート・ダウニー・Jr.が演じるかもしれなかったヴィランとは?

今年9月にはMCUの最新映画となる『シャン・チー/テン・リングスの伝説』が公開され、11月5日にはMCU26作目となる新作『エターナルズ』が控えているなど、今や世界で最も巨大なシリーズ作品へと成長を遂げたMCUだが、マーベルは2008年にMCUをスタートさせる以前にも、いくつか単体で映画を制作してきたことで知られる。

マーベルは1998年に、“元祖マーベル作品”とされる、リメイクされて今後MCU入りすることも発表されている映画『ブレイド』を発表して以来、『スパイダーマン』シリーズや『X-MEN』シリーズ、『ファンタスティック・フォー』シリーズなどを制作してきた。

MCU映画でキャプテン・アメリカを演じたクリス・エヴァンスが、2005年と2007年に公開された『ファンタスティック・フォー』シリーズの2作品でヒューマン・トーチを演じているなど、MCU以前のマーベル作品に出演した俳優がMCU作品で別のキャラクターを出演しているという例もあるが、実はロバートにも、MCU以前のマーベル作品で別のキャラクターを演じる可能性があったという。

それは、クリス・エヴァンスも出演した『ファンタスティック・フォー』シリーズでジュリアン・マクマホンが演じたヴィラン、ドクター・ドゥームことヴィクター・ヴァン・ドゥーム。

画像: (左から)『ファンタスティック・フォー』シリーズでMr.ファンタスティックを演じたヨアン・グリフィズ、ザ・シングを演じたマイケル・チクリス、インヴィジブル・ウーマンを演じたジェシカ・アルバ、ヒューマン・トーチを演じたクリス・エヴァンス、ドクター・ドゥームを演じたジュリアン・マクマホン。
(左から)『ファンタスティック・フォー』シリーズでMr.ファンタスティックを演じたヨアン・グリフィズ、ザ・シングを演じたマイケル・チクリス、インヴィジブル・ウーマンを演じたジェシカ・アルバ、ヒューマン・トーチを演じたクリス・エヴァンス、ドクター・ドゥームを演じたジュリアン・マクマホン。

『アイアンマン』と続編『アイアンマン2』で監督を務めたジョン・ファヴローは10月19日に刊行された書籍『The Story of Marvel Studios: The Making of the Marvel Cinematic Universe(原題)』のなかで、次のように明かしている。「マーベルは既に、ドクター・ドゥームを演じてもらうためにロバートと接触していたはずです」。

今となっては、ロバートがドクター・ドゥームを演じ、当時はヒューマン・トーチを演じていたクリス・エヴァンスと対峙するシーンも観てみたかったという思いもあるが、最終的には実現せず。2005年に『ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]』が公開されて3年後に抜擢されたアイアンマン役で、ロバートはマーベル作品にデビューすることとなった。(フロントロウ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる