1. トップ
  2. 恋愛
  3. せっかくLINEしてたのに…男性が既読無視をする理由3パターン

せっかくLINEしてたのに…男性が既読無視をする理由3パターン

  • 2021.10.28
  • 1426 views

気になる男性とLINEをしているときに、既読無視されるのは悲しいですよね。

なかには、返信に困って返しづらい……という男性も。

今回は、男性の意見をもとに、既読無視する理由を3パターンご紹介します。

気になる彼とLINEしている方はぜひチェックしてくださいね!

1:返信するのを忘れているから

「質問や約束に関することにはちゃんと返事するけど、雑談LINEは『あとで返そう』と思って忘れちゃうこともあります。

そうなると次にLINEが来るまで忘れてしまっていることもあるので、次の日になっても返事がないときは、なにか送ってくれるほうがいいかも。

暇なときにLINEを見返していて『無視したと思われてるだろうな』と反省することもあるので……」(30歳男性/金融)

数時間返信がないだけで追撃されるのは困るけど、返信を後回しにして忘れているときはまたLINEしてほしい……という男性も。

そのときは「なんで返信してくれないの?」や「なにしてるの?」ではなく、何気ない話題を選びましょう。

数日待っても返信がない場合は、この方法が有効になるはずですよ。

2:話が終わったと思っているから

「そもそも既読スルーってどこから?一度も返信しないのはともかく、『話が終わった』と思ったらそのまま返事しないこともあるし……。

そういうのは、僕的にはスルーしたつもりもなかったりするので、次の日にでもまたLINEくれれば全然返しますよ!」(26歳男性/メーカー)

そんな意図なく、話がひと段落したタイミングでLINEを終わらせる男性もいます。

「既読無視された……」と悩むのは時間の無駄かもしれませんね。

会話が落ち着いたタイミングでLINEが終わった場合は、送りたいときに送りたいことを送ってみるといいでしょう。

3:スケジュールの確認をしたいから

「スケジュール確認が必要なLINEに、すぐ返事できなかったとき、次の日に『忙しいところごめんね、昨日の件、時間があるときに教えてね』ってLINEをくれた子は感じよかったですね。

他の予定と被りそうで返事してなかったんだけど、即レスできないことでも、『確認したら返事するね』と言うようにしようと思いました」(25歳男性/不動産)

デートや飲みなどのお誘いLINEでは、お互いのスケジュールを確認することもあるでしょう。

その場で確認できないときは、返信を後回しにしがちになる男性も。

もし返信がないときには、「忙しいところごめん」という言葉を添えて、改めて確認のLINEをしてもいいかもしれませんね。

神経質になりすぎない

男性にとって既読無視は、それほど意味を持ったものではないのかもしれません。

神経質になって返信を催促したり、スタンプを連打してみたりするよりも、何事もなかったように連絡してみるほうがいいのでしょう。

相手の反応を見ながら、LINEを楽しめるといいですね。

(中野亜希/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる