1. トップ
  2. スキンケア
  3. 【無印良品】シャンプー6種を比較! 比べてわかった“おすすめアイテム”は…

【無印良品】シャンプー6種を比較! 比べてわかった“おすすめアイテム”は…

  • 2021.10.27
  • 19887 views

「体に優しい」「お手頃価格」「シンプルなデザインパッケージ」で日用品から食品、衣類まで幅広く商品が揃い、ファンも多い『無印良品』。なかでも美容グッズは、おうち時間を充実させてくれると人気です。そこで今回は『無印良品』のシャンプー6種を比較し、エステティシャンの筆者が実際に使用してわかったことをご紹介します。ダメージ、頭皮、髪質のお悩みごとに、おすすめしたいシャンプーを選びました。

無印良品のシャンプー6種を比較してみた!

今回筆者が使ってみたのは、『無印良品』の「敏感肌用」「ダメージケア」「エイジングケア」「スカルプケア」「クリアケア」「ハーバル」の6種類のシャンプー。品ぞろえは豊富ですが、「商品名だけ見ても何が違うんだろう」「どれが自分の髪質に合うのかわからない」と感じる人も多いはず。

そこで実際に筆者が使ってみて、シャンプーの特徴や仕上がりから、お悩み別のおすすめアイテムをランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

お悩み1 髪のパサつきや痛みが気になる

カラーダメージやドライヤー、ヘアアイロンの熱ダメージで乾燥が加速したり、キューティクルが剥がれた結果、パサつきや枝毛、切れ毛、髪の広がりを感じることもあるでしょう。

そのようなお悩みなら、シャンプーやトリートメントは“ダメージを修復しながらうるおいケアもできる”タイプがおすすめ!

第3位:敏感肌用シャンプー

『無印良品』のシャンプーはどのタイプも合成香料無添加、無着色、無鉱物油、弱酸性、シリコンフリー、パラベンフリーなので、洗っても最小限に刺激を抑えることができます。

6種類の中でも、一番シンプルでベーシックに作られていると感じた「敏感肌用シャンプー」。保湿効果の高いリピジュア®、ヒアルロン酸が配合されています。肌の保護効果が期待できるため、洗い心地がマイルドで髪が柔らかくなめらかに感じられました。

地肌が弱くためシャンプー選びが不安な人は、このタイプが安心だと思います。

第2位:エイジングケアシャンプー

乾燥やパサつきなどのダメージに長年悩んでいる人、髪にハリやコシがないと感じる人は「エイジングケアシャンプー」がおすすめです。

椿、バラ、柚子など10種類の天然美髪成分、ヒアルロン酸、コラーゲンなど7種類のうるおい機能成分を配合。洗い上がりは、髪の内側からパンッと髪が膨らむようなハリと、毛先のまとまりを実感できました。

しかし、フローラル&ハーブの香りと、ベタッとするわけではないものの若干の仕上がりの重たさが、元々の乾燥やパサつき度合いによって好みが分かれると思い、2位にランクインです。

第1位:ダメージケアシャンプー

「ダメージケアシャンプー」は、マカデミア種子油をはじめとする5種の植物オイル、ヒアルロン酸など4種の毛髪保護成分が配合されています。それらはダメージを補修する効果が期待できる成分。

洗っている最中から髪のうるおいを実感し、傷んだ髪を修復する力が長けていると感じました。

また、ほのかな柑橘系の香りで、洗い上がりはしなやかさとサラッとした質感へ髪を導いてくれます。男女問わず心地よく使えるため、家族みんなで使うのにもよさそうです。

お悩み2 頭皮のベタつきやニオイをすっきりさせたい

頭皮ケアに関しては、1・2位が圧倒的に心地よかったため、2つをピックアップ!

頭皮は見過ごされがちですが、実は年齢の出やすい部分でもあります。最近は頭皮ケア専門店が登場するなど注目度が高まっているものの、まだセルフケアをできている人は少ないでしょう。

シャンプーで髪を洗うのと一緒に、頭皮ケアができれば手間をかけることなく、美髪を手に入れられるかもしれませんよ。

第2位:スカルプケアシャンプー

頭皮のベタつきがすっきりするような洗い心地が爽快な「スカルプケアシャンプー」。ほのかに柑橘系の香りがして、洗い上がりはさっぱりで、さらっとした仕上がりでした。

保湿効果の高いリピジュア®、ヒアルロン酸、グリチルリチン酸2K、コンフリー葉エキス、ホップエキス、シイクワシャー果皮エキスを贅沢に配合。頭皮ケアの効果が期待できるため、頭皮環境や根元の立ち上がりを整える目的であれば、「スカルプケアシャンプー」がおすすめです。

第1位:クリアケアシャンプー

頭皮のベタつきやニオイといえば、「スカルプケアシャンプーなのかな?」と予想していましたが、実際に使用してみて「クリアケアシャンプー」のほうが若干頭皮がすーっとして、地肌のすっきり感をより感じられました。

石鹸系の香りで、天然うるおい成分であるブドウ果実エキス、キウイエキスなど4種類のフルーツエキスを配合。洗い上がりはさっぱりで、髪もさらっとしました。

個人的に、頭皮悩みがベタつきやニオイが気になるのなら「クリアケアシャンプー」のほうが優秀な気がします。

お悩み3 香りや仕上がりの髪質が気になる

『無印良品』のシャンプーはどれも自然な香りで、いつまでも残るような香料の強さは感じにくいです。ただ、配合されている成分によって、6種ともそれぞれ若干香りが違うことと、洗い上がりにも違いを感じました。

第3位:ハーバルシャンプー/サラサラな仕上がり

「ハーバルシャンプー」はグリーンとハーブが合わさったような優しい香りです。

気分がリフレッシュする香りと軽やかな使い心地で、洗い上がりは頭皮がさっぱりした感覚があります。癒し系が好きな人には「ハーバルシャンプー」がおすすめ。

第2位:エイジングケアシャンプー/まとまりのある仕上がり

ローズマリー、ラベンダー、イランイランのようなハーブ系の香りが強いので、好き嫌いの好みは分かれそう。ですが、個人的には好みな香りでした!

髪がパンッと張ったようなハリのある仕上がりで、しっとりとまとまり、洗いあがりも好印象。髪のパサつきやハリ、コシ、ツヤのなさを感じる人はもちろん、ハーブ系の香りが好みな人にこそおすすめしたいです。

第1位:ダメージケアシャンプー/サラサラな仕上がり

「ダメージケアシャンプー」は指通りがよく、洗い心地が好みでした。また、爽やかな柑橘系の香りもリフレッシュできますよ。

ダメージ髪にうるおいを与えつつ、ベタつきのないサラッとした仕上がりなので総合的に優秀だと感じました。

自分に合ったシャンプーを見つけて!

6種類をグラフにしてみると、このような位置づけに!

【商品情報】
『無印良品』「敏感肌用シャンプー」
価格:¥890/¥290
内容量:340ml/50ml

『無印良品』「ダメージケアシャンプー」
価格:¥990/¥350
内容量:340ml/50ml

『無印良品』「エイジングケアシャンプー」
価格:¥1,090/¥350
内容量:340ml/50ml

『無印良品』「スカルプケアシャンプー」
価格:¥890/¥290
内容量:340ml/50ml

『無印良品』「クリアケアシャンプー」
価格:¥290
内容量:50ml

『無印良品』「ハーバルシャンプー」
価格:¥350
内容量:50ml

『無印良品』のシャンプーはどのタイプも納得の使い心地でした! 自分の髪にはどれがいいのか迷うという人は、使い心地・仕上がり・香りを参考に選んでみてくださいね。

【参考】
『無印良品』公式サイト

文/寒川あゆみ

元記事で読む