1. トップ
  2. グルメ
  3. 【お取り寄せ】ギフトにおすすめ♡パッケージがお洒落で可愛いクッキー5選

【お取り寄せ】ギフトにおすすめ♡パッケージがお洒落で可愛いクッキー5選

  • 2021.10.27
  • 17188 views

ちょっとした手土産やギフトにぴったりのクッキーの詰め合わせ。贈るならパッケージにもこだわって、センスの良いものを選びたいですよね。そこで今回は、ギフトにおすすめの可愛くてお洒落な缶や箱入りのクッキーをご紹介します。贈られた方は、開ける前からときめいてしまうこと間違いなしです。

ニャンコ好き贈りたいキュートな猫クッキー

思わずパケ買いしてしまいそうな、愛らしい猫ちゃんの箱。開けると中からも美味しそうな猫ちゃんが顔をのぞかせます。
こちらは、菓子研究家いがらし ろみさんプロデュースのカップケーキとビスケットの店「Fairycake Fair(フェアリーケーキフェア)」の「LetterBOX cat cookie ネコクッキーレターボックス」。

1枚あたり約16.5cmという大判サイズのクッキーは、発酵バターが薫る風味豊かでコク深い味わい。さっくりとした食感の「塩バター」と「カカオ」の2種類セットです。 特別な形状とサイズのため、工房の職人が毎日一枚一枚優しく丁寧に焼き上げています。

イラストレーター前田ひさえさんが手掛けるパッケージは、ポストカードが差し込める額縁のような仕様。付属のポストカードはもちろん、お気に入りのカードや写真を飾ってインテリアとしても楽しめます。

LetterBOX cat cookie ネコクッキーレターボックス
2,800円(税込)

鎌倉の風物をちりばめたレトロな缶入りのボーロ

次にご紹介するのは、1968年創業の洋菓子店「鎌倉ニュージャーマン」の「かまくらボーロ」。

鎌倉の風物をちりばめたという、ちょっぴりレトロな雰囲気の缶に詰まっているのは、あじさいをモチーフにした焼き菓子です。
ミルキーに薫るバターと卵の風味、サクサクとした食感の心地よさは、どこか懐かしい味わい。鎌倉散策のお土産にはもちろん、オンラインストアからも購入できますよ。

かまくらボーロ
972円(税込)

女性に喜ばれる花柄缶のバタークッキー

こちらは、バターにこだわった香り高いスイーツを取り揃える、焼き菓子専門店「Buttery(バタリー)」の人気商品「バタリークッキー」です。

乙女心をくすぐられる花柄の缶は、イエローが基調になっていて、見るだけでも明るい気分になれそう。
厳選したバターを使用したクッキーは、発酵バターの香りとコクがありながらも、すっきりとした優しい甘さ。密閉性の高いデッキオーブンで焼き上げているので、ほろっと、しっとりした口当たりが特徴です。

バタリークッキー
2,560円(税込)
※リニューアルして、形が変更になっています。

ナチュラル志向の方にも安心のヴィ―ガンクッキー

昔から食べ継がれてきた素材をベースに、現代のセンスで体に優しく美味しいスイーツを手作りしているヴィーガンスイーツ専門店「nojiri keiku sweets store(野尻ケイク スイーツストア)」。ご紹介するのは、シンプルなデザインの缶に、ぎっしりと色とりどりのクッキーが詰まった「keiku no クッキー大作戦」です。

クッキーは、完全グルテンフリー。地元福井をはじめ全国から厳選した素材は、ほとんどが無農薬で生産されたもの。お米や葛粉・小豆・果物・麹など日本人が昔から食べてきた素材を使い、味や食感・風味など、それぞれの個性が光るように表現しています。
小さなお子さんから年配の方まで、幅広い世代に安心して召し上がっていただけますね。

keiku no クッキー大作戦
5,940円(税込)

アンティーク風の缶入った美しいクッキー

最後にご紹介するのは、フランスブルターニュの古き良き美味しさを大切にする焼き菓子専門店「ビスキュイテリエ ブルトンヌ」のクッキー缶です。

ヨーロッパのアンティークショップに並んでいそうな美しいグリーンの缶に、香り高いバターの風味が効いた6種類のクッキーを詰め合わせています。ラム酒の香りが広がる厚焼きクッキー、甘酸っぱいフランボワーズのコンフィチュールを巻き込んだうずまき型のサブレなど、どのクッキーも絶品で、お茶に添えるだけでティータイムが特別な時間になりそう。

ブルターニュ クッキーアソルティ<缶>(23個入)
2,484円(税込)

素敵なパッケージに入っていると、中の焼き菓子もより一層美味しそうに見えるもの。また、テーブルに箱や缶のまま並べても様になります。ギフトとしてはもちろん、自分へのご褒美としても是非、楽しんでくださいね。

※各商品販売状況は変動します。売り切れの可能性もございますので、ご了承ください。

writer / NIKO

元記事で読む