1. トップ
  2. スキンケア
  3. 匂いで好きになる!男性が「恋」に落ちる香り3選

匂いで好きになる!男性が「恋」に落ちる香り3選

  • 2021.10.24
  • 2012 views

男性の中には「すれ違ったときに女性からいい匂いがすると意識してしまう」という人が少なくありません。男性は女性のどんな匂いを、「恋してしまうようないい匂い」と思っているのでしょうか。

石鹸の匂い

ナチュラルで清潔感のある石鹸の匂いに安心する男性はとても多いです。香水ほど強すぎず、風呂上がりのようにさわやかな匂いを漂わせることから、長年不動の人気を誇っています。

また、石鹸の匂いと似たイメージを持たれるのが、シャンプーです。シャンプーも清潔感があると感じる男性は多いといいます。特に髪の匂いは周囲に広がりやすいため、男性が意識しやすいです。

ただし、良い匂いをさせたいからとすすぎを十分に行わずにいると、頭皮が荒れてフケやかゆみの原因となるため避けてください。すすぎを十分に行ったうえで、洗い流さないトリートメントを使うと、シャンプーやトリートメントの匂いが髪に残りやすくなります。

フローラル系の匂い

フローラル系は女性らしい匂いとイメージする男性が多く、定番の匂いとされています。

特にローズやジャスミンなどは好印象であるため、女性らしさをアピールしたい人は積極的に使うといいでしょう。

香水の匂いが強すぎて苦手と感じるなら、ボディークリームや柔軟剤でフローラル系を利用するとほのかにいい匂いが漂います。

ローズはストレスを和らげる、ジャスミンは鎮静効果があるなど、やさしく落ち着いた気分にさせてくれるのがフローラル系の特徴です。近づいて匂いを嗅ぎたくなる男性もいるといいます。

ただしジャスミンは催淫効果もあるため、使う量や場所を間違えないようにしましょう。

柑橘系の匂い

さわやかでフレッシュな気分にさせてくれるのが柑橘系です。オレンジやグレープフルーツ、レモンなどをイメージする男性は多いです。

季節や性別を問わずに利用できるため、ユニセックスの香水で使われることも少なくありません。

フローラル系の匂いを好まない男性の場合、柑橘系を好む傾向があるようです。柔軟剤や制汗デオドラント剤で使われることも多く、ほのかに匂いを取り入れている女性は多いです。

レモンよりもオレンジやグレープフルーツのほうがリラックス効果や精神安定効果が期待できるため、仕事ではレモン、プライベートではオレンジやグレープフルーツと切り替えて使うといいでしょう。

男性はほのかに香る匂いを好む

男性はあまり強い匂いを好まないため、香水を大量につけることは避けてください。相手好みの匂いをつけたいと思うなら、柔軟剤やシャンプーなどの匂いを変えて相手の反応を探ってみませんか。相手が好む匂いがわかったら、香水をつけてほのかな匂いを漂わせると意識してもらいやすくなるでしょう。

元記事で読む