1. トップ
  2. 恋愛
  3. 12星座別|お金との相性がいい星座ランキング

12星座別|お金との相性がいい星座ランキング

  • 2021.10.24
  • 53686 views

おおっぴらに口に出すことはあまりありませんが、「お金大好き!」という方は多いですよね。

もちろん筆者もその一人。ただ、お金から好かれるかどうかは、また別なようで……。

今回は、お金との相性がいい星座をランキング形式でご紹介します!

2位:かに座

かに座さんも、おうし座さんを凌駕するほどの金運の持ち主。
普通にしているだけなのに、ほしいものは何となく手に入ってしまう。
特別裕福じゃないけど、なぜかお金に困らない。
さらに、くじやギャンブルでの引きの強さも12星座最強。
いい意味で欲がないので、お金の方からも近づきやすいのかも?

3位:おとめ座

おとめ座さんを象徴する言葉に「精密」と「管理」というものがあります。
これが金銭面でもしっかり生かされるので、つかんだお金をガッチリ守ろうとするんです。
もともと物欲も強いほうではないし、貯蓄も倹約も大好きなおとめ座さんの元では、お金も離れがたく感じるのかもしれません。

4位:てんびん座

美しいものには糸目をつけないてんびん座さんは、どっちかというと金銭感覚が浮き世離れしています。
が、やはり金星を守護星に持つがゆえに、思わぬ幸運に恵まれやすいんです。
ほしかったものをプレゼントされたり、高価な品物を譲り受けたり。
また、血縁から財産を相続して、豊かに暮らせることもあるようです。

5位:みずがめ座

必要と感じたことには惜しみなくお金をつぎ込むみずがめ座さんですが、それ以外のことにはあまり興味を持たないので、お金は貯まりやすいほうかも。
お金自体にもあまり執着しませんが、金銭感覚も価値観も他の人とは明らかに違うため、お金に関する苦労は少ないでしょう。

6位:やぎ座

やぎ座さんが富を求めるときは、豊かさやお金そのものの価値よりも、ステータスを求めてのことが多い様子。
つまり、お金に対する執着はもともと少ないので、何らかの野心に燃えない限りはお金に振り回されることを嫌がるでしょう。
持って生まれた金運自体はごく普通ですし、物欲も強くないので、生活に過不足なければそれでいい、といった感じ。

7位:ふたご座

宵越しの銭は持たないふたご座さん。
「お金は使ってナンボ」と執着心がほぼないのですが、儲けることに興味が向くとあっという間に知識を得てお金持ちに!
とはいえ、お金を転がすのが楽しいのであって、別に貯蓄をしたいわけではないので、あまり身にはつかない様子。

8位:うお座

金運自体はさほど悪くはないのに、こまごました無駄遣いが多く、いつの間にかお財布がからっぽになっているタイプ。
おごられ運があるので、自分ではそのことに気付いていないことも。
そんな調子ですから、貯蓄が苦手でお金が定着してくれません。
家庭を持つと、パートナーに影響されて堅実になることも。

9位:おひつじ座

仕事ならともかく、基本的に物事を細かく管理するのがあまり得意じゃないおひつじ座さんは、家計もどんぶり勘定になりがち。
そのうえ、金銭への執着が薄く、貯金にも興味がないしあればあった分パッとつかってしまうことも……。
支出のペース配分を考えたいところです。

10位:さそり座

もともと持っている金運は悪くないのに、執着心が金運を下げてしまうさそり座さん。
ひとたびお金への不安が芽生えると、あらゆることを我慢してギリギリまで節約。
我慢し過ぎてリバウンドしたり、無理して体調を崩しては元の木阿弥です。

11位:しし座

稼ぎ出す力はトップクラスなのに、派手好きなのが災いして支出が多くなり、いつまで経っても貯蓄ができないという無限ループになりがち……。
見栄が金運を下げる最大の要因なので、大風呂敷を広げたくなったときにはその場をパッと離れる努力を。

12位:いて座

お金に対する執着心が12星座イチ薄いいて座さん。
お金がなくてもどうにかなるさ、と笑い飛ばし、実際どうにかなってしまう強運の持ち主です。
その分、金運が弱いのかもしれませんが、本人は「生活に困窮しなければそれでよし」と気にもとめていないことがほとんどです。
まあ、本人がハッピーならそれでいいんですけど。

1位:おうし座

人生の豊かさや楽しみを司る金星を守護星に持つおうし座さんは、生まれついて強い金運を持っていると言われています。
基本的に働き者ですし、節約も貯蓄も上手。
無駄遣いはしないけれど、出すべきところではポンと出す金銭感覚のよさで、お金とのお付き合いがとても上手。

まとめ

持って生まれた金運も影響はありますが、お金とうまくやっていくためにはやっぱり付き合い方が一番大事なようです。
お金との相性がイマイチ、と感じる人も、扱い方を変えたら最高の相棒になってくれる……かもしれませんね!
(WriterPalm45/ライター)


元記事で読む