1. トップ
  2. スキンケア
  3. 【無印良品のシャンプー比較】どのシャンプーがおすすめ? 3種を試してみた!

【無印良品のシャンプー比較】どのシャンプーがおすすめ? 3種を試してみた!

  • 2021.10.23
  • 10323 views

「体に優しい」「お手頃価格」「シンプルなデザインパッケージ」で日用品から食品、衣類まで幅広く商品が揃い、ファンも多い『無印良品』。なかでも、セルフケアが叶う美容グッズは、おうち時間を充実させてくれると人気です。そこで今回は『無印良品』のシャンプー3種を比較し、筆者が実際に使用してわかったことをご紹介します。乾燥が気になる冬に向けて、美髪ケアを始めてみてはいかがですか?

無印良品のシャンプー「敏感肌用」「ダメージケア」「エイジングケア」を比較してみた

肌に優しい使い心地や、使い続けやすい価格、インテリアを邪魔しないパッケージといった理由から、『無印良品』のスキンケアやヘアケアアイテムを愛用している人も多いはず。

なかでも、品揃えが豊富でありながら、髪悩み別に選べることから“シャンプー”が人気です! 一方で「商品名だけでは何が違うかわからない」「どれが自分の髪質に合うのか」と種類が多いために、選びづらいのが本音。

今回はそんな『無印良品』の「敏感肌用シャンプー」、「ダメージケアシャンプー」、「エイジングケアシャンプー」の特徴と香り、使用感、そしてエステティシャンの筆者目線でどういった髪質によさそうかを解説します。

シャンプーの特徴

まずは、それぞれのシャンプーの特徴について。

「敏感肌用シャンプー」の携帯用は半透明のボトル、詰め替え用は白のパッケージが特徴です。

肌の保護成分として、敏感肌に嬉しい保湿効果の高いリピジュア®とヒアルロン酸が配合されています。

「ダメージケアシャンプー」の携帯用は半透明のオレンジボトル、詰め替え用もオレンジ色のパッケージが特徴です。

うるおい成分であるマカデミア種子油など5種の植物オイル、毛髪保護成分としてヒアルロン酸など4種の機能成分が贅沢に配合されています。乾燥やカラーリングダメージを補修へと導いてくれるそう。

「エイジングケアシャンプー」の携帯用、詰め替え用ともにえんじ色のパッケージが特徴です。

椿、バラ、柚子など10種類の天然美髪成分と、ヒアルロン酸、コラーゲンなど7種類のうるおい機能成分が配合されています。年齢とともに気になる髪のパサつき、カラーリングダメージにアプローチしてくれるんだとか。

3種とも合成香料無添加、無着色、無鉱物油、弱酸性、シリコンフリー、パラベンフリーです。さらに、「敏感肌用シャンプー」に関してはアレルギーテスト済み(※1)!

※1:すべての方にアレルギーが起きないわけではありません

香り、使用感、使い心地の比較

3種類ともテクスチャーはやわらかなジェルで、大きな差は感じられませんでした。

【使い方】
(1)髪全体をよく濡らす
(2)シャンプーを適量手に取り、髪になじませるようにして泡立てて洗う
(3)洗い残しのないように丁寧にすすぐ

「敏感肌用シャンプー」はほのかに柑橘系の香りがしました!

髪にすっとなじみ、洗い心地はとてもマイルド。洗っている最中から髪が柔らかく、なめらかに感じられます。洗い上がりは軽やかで、さらっとしたまとまりも感じられました。

【こんな人におすすめ】
・地肌が弱く、優しい使用感を好む
・香りが強すぎるのは苦手
・毛先のパサつきや広がりが気になる
・保湿してまとまりを出したい
・仕上がりはしっとりよりもサラサラ派

「ダメージケアシャンプー」もほのかに柑橘系の香りがしました。

髪なじみがよく、毛先の絡まりもほどきやすいです。オリーブ果実油やホホバ種子油などの植物オイルが多く配合されているため、「敏感肌用シャンプー」に比べて髪の乾燥や痛みをケアしたい人にはおすすめしたいと感じました。

洗い上がりはしなやかかつ、さらっとしています。

【こんな人におすすめ】
・香りが強すぎるのは苦手
・毛先の乾燥やパサつきをケアして、うるおいを出したい
・やわらかくしなやかな髪を目指したい
・仕上がりはしっとりよりもサラサラ派

「エイジングケアシャンプー」はフローラルとハーブの香りがしました。

髪の表面を包むように感じられ、キューティクルの痛みを補修してくれそうな洗い心地でした。洗い上がりはベタつきを感じにくく、髪の内側から膨らむようなハリと毛先のまとまりを実感!

【こんな人におすすめ】
・フローラル、ハーブ系の香りが好み
・髪のハリやコシがなくなってきたため、髪をしっかり強くしたい
・うるおいやツヤを高めたい
・仕上がりはサラサラよりもまとまり派

3種のまとめ

実際に使ってみて、3種とも洗っていて「刺激が強い」「香りが強すぎる」と感じることはなく、使い心地は優しかったです。

「敏感肌用シャンプー」と「ダメージケアシャンプー」は香りも似ていますが、保湿をプラスしたいならダメージケア、より補修を意識するならエイジングケアがおすすめです!

【商品情報】
『無印良品』「敏感肌用シャンプー」
価格:¥890/¥290
内容量:340ml/50ml

『無印良品』「ダメージケアシャンプー」
価格:¥990/¥350
内容量:340ml/50ml

『無印良品』「エイジングケアシャンプー」
価格:¥1,090/¥350
内容量:340ml/50ml

『無印良品』のシャンプーは気になっていたけど、手を出せずにいた……という人は、ぜひこの記事を参考に試してみてはいかがでしょうか? きっと自分の髪に合う1本が見つかるはず!

【参考】
『無印良品』公式サイト

文/寒川あゆみ

元記事で読む