1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. その“当たり前”不要かも!?整理収納コンサルタントが気づいた「なくて大丈夫だったモノ」5選

その“当たり前”不要かも!?整理収納コンサルタントが気づいた「なくて大丈夫だったモノ」5選

  • 2021.10.23
  • 121977 views

整理収納コンサルタントの春名陽子です。育った環境によって、家にあって当たり前なモノってありますよね。かつて「当たり前」と思っていたモノの固定観念をなくし、自分に合ったやり方やモノに変えたところ、暮らしがとても快適になりました。そこで今回は、私が【なくて大丈夫だったモノ】について5つ紹介していきます。

1.大きなタオル

以前はお風呂上がりにバスタオルを使っていましたが、分厚くて乾きにくい事にストレスを感じ、「ミニバスタオル」に変更しました。

乾きが速くなっただけでなく、収納時にもかさばらない点が気に入っています。

2.キッチンの様々なグッズ

①台拭き

煮沸消毒の手間や臭いなど、何かとストレスに感じる台拭きですが、使い捨てペーパーに変更したところとても快適になりました。

破れにくいモノを選び、キッチン周りの至る所を拭いて捨てているので、コストパフォーマンスは良いと感じます。

②三角コーナー

ヌメリが気になるので三角コーナーは使わず、調理台に小さな袋を置いています。ヌメリ知らずで、またサッと捨てられるのでとてもラクで快適です。

③水切りカゴ

水切りカゴの代わりにマットを敷いて使っています。キッチンの見た目がスッキリし、調理時の作業スペースもしっかり確保できます。

マットを都度洗濯することで、清潔な空間を保てます。

煮沸消毒やヌメリ対策などの「管理」をなくす事で家事の時短になり、キッチンに立つ時間を短く出来ます。

3.各種マット

玄関マット・バスマット・キッチンマット・トイレマット等、実家では当たり前の光景でした。

バスマットは使用せず、お風呂から上がる際は、体を拭くタオルで足も拭いています。トイレではサンダルを使用し、マットをどかす手間なく床掃除が出来ます。

またキッチンマットは油ハネが気になるので敷いていますが、布製は使用せずお手入れがしやすいPVC素材にしています。床暖房対応、耐火対応であるかを確認すると良いでしょう。

4.トイレブラシ

つい最近まで使用していましたが、多量の菌が潜んでいると知り、買い替えのタイミングで一度手放しました。今は使い捨てブラシを導入しています。

5.排水溝の蓋

蓋があることで臭いが漏れにくいメリットがありますが、隠れているが故に汚れにすぐ気づけず、結果掃除が大変になっていました。蓋を外してみたところ、すぐ汚れに気づけるので清潔な状態を保てています。

いかがでしたか?ここまで私が「なくて大丈夫だったモノ」を5つ紹介しました。

いきなり手放さず、「ない状態(一時的に撤去)でやってみて、必要ないと感じたら手放す」事をおすすめします。今まであたり前と思っていた固定観念をなくし、「より快適なモノや方法に替える」と暮らしがより良いものになります。

皆様の暮らしに、役立つ事が出来れば嬉しいです。

元記事で読む