1. トップ
  2. 恋愛
  3. 付き合う基準はここ!関係を進めるか迷った時のチェックポイント6つ

付き合う基準はここ!関係を進めるか迷った時のチェックポイント6つ

  • 2021.10.23
  • 1392 views

良い感じの人がいても「好きでたまらない!」という感覚がないと、どういう風に付き合うに至るのか分からなくなりますよね。

「告白されたから付き合った」という話もよく聞くけど、みんな何を基準にしているのか気になるでしょう。

その基準が分からないのは「恋愛とはこういうもの!」という概念が自分の中で強くなっているから。

その概念に近ければ迷いはないけど、遠いと悩むのです。

しかし、自分の概念ばかりに囚われていたら幸せを掴むチャンスさえも逃してしまいます!

そこで今回は彼との関係を進めるか迷っているあなたへ!

付き合う基準にしてほしいチェックポイントをご紹介したいと思います。

1.触れ合いたいと思うかどうか

恋人になるなら触れ合いは必須ですよね。

その彼に触れたいと思ったり、違和感なく触れられると思うのであれば、このまま関係を進めましょう!

頭で考えるのではなく、もっと本能に従うのです。

生理的に受け付けるということは、今より好きになる可能性は大ですからね。

付き合う基準を自分の無意識の部分に委ねることも大切です。

もし「とても良い人だけど、触れるのはちょっと…」と生理的に無理だと感じるのであれば関係を進めるべきではありません。

このまま進んでも結局抵抗感はなくならないし、関係が進んだ分彼が傷つくだけですからね。

しかし、そばにいても抵抗感がなく匂いも気にならないなら大丈夫!

なんなら良い匂いだと感じるのであれば、遺伝子レベルで相性が良いということ!

「彼の存在そのもの」はあなたの付き合う基準に合格と言えるでしょう。

2.一緒にいて楽しいかどうか

一緒に過ごす時間が楽しいかどうかも付き合う基準にすべき。

長い目で見ると、退屈な人よりいつも楽しい人の方が良いに決まってますからね。

なので、その彼と一緒にいて楽しい時間を過ごせるのであれば、あなたの付き合う基準には合格しています。

激しい恋心があると一緒にいるだけで幸せで満たされますが、それは期間限定のもの。

例えば、あなたの一目惚れで付き合うことになったとして、最初はその顔を見ているだけですごく幸せでしょう。

しかし、時間が経てば見慣れてきて最初ほどの興奮はなくなり、だんだんと中身が見えてきます。

もしその中身が楽しくなかったら、ただの退屈なイケメンですよね。

目の保養にはなるけど、長時間一緒にいるのは苦痛でしょう。

その一方で、激しい恋心はなくともいつも笑って過ごせる相手なのであれば、一緒にいるだけでものすごく有意義な時間になりますよね。

なので、付き合う基準には一緒にいて楽しいかどうかも加えてチェックしてくださいね。

3.誠実さがあるかどうか

今あなたの中の付き合う基準で大事なのはきっと恋心だと思います。

しかし、付き合うか迷っているなら、彼の誠実さにも注目してみましょう。

恋心だけで信用は手に入りませんからね。

もし、理由はなくとも心から信用できそうだと思うのであれば、彼はあなたにとって十分に誠実な人だということ。

付き合う基準は満たしています。

付き合っていく上で信頼関係はとても大事。

あなたも付き合うなら長く関係を続けたいと思っているはずなので、外せないポイントです。

もしものすごくときめくけど、それと同じかそれ以上に不安を感じる相手なのであれば、それは幸せな関係とは言えません。

心を消耗することが愛だと思い込むだけで、結果的に得られるものがありませんから。

なので、付き合う基準に悩んだ時は相手の誠実さで判断しましょう。

普段のあなたに対する彼の態度や言葉から、あなたの中でもう答えは出ているはずです。

もし付き合ったら苦労しそうだな、と思うのであれば深入りせずやめておくべき。

4.一緒にいて心地良いかどうか

一緒にいて心地良いと感じる存在なのかどうかも付き合う基準に必要なポイントです。

一般的に「息が止まりそうなドキドキ感があってこそ恋愛!」と思われがちですが、そんなことはありません。

確かに、ドキドキときめくのも恋愛の醍醐味です。

目が合うだけで胸が高鳴って食事も喉を通らない…という恋愛もあるでしょう。

しかし、それは誰かを好きになるきっかけの一つであって、必ず必要なものではありません。

最初から穏やかな感情で始まる恋もありますからね。

なので、激しいときめきはなくとも「一緒にいると心地良い」「落ち着く」と思えるかどうかも付き合う基準に大切なポイントなのです。

友達から始まる恋はそういうパターンが多いですね。

最初のときめきは次第に薄れていきますが、心地良さは継続するもの。

長く関係を続けるためには、一緒にいて安心できるかどうかは必須です。

もしその彼といたらいつも穏やかな気持ちでいれるだろうな、と思うのであれば、このまま突き進むべきですよ!

5.価値観が合うかどうか

どんな人間関係においても価値観というのはとても大切なポイントです。

あなたの身近にいる友達も、あなたの基準で選んだ人たち。

それぐらい当たり前のように、人を価値観で判断しているのです。

なので、付き合う基準にももちろん価値観は外せません。

そこをしっかりチェックしてから付き合えば、きっと関係を進めて良かったと思うでしょう。

価値観は合うかの判断はどんなことでも大丈夫です。

例えば、会話の中で「その考え方理解できないな」と思う瞬間が多いというのも価値観の不一致。

同じ物事に対して見方が違うこと自体は悪いことではありません。

「そんな考え方もあるんだ」と感心することもありますからね。

そうではなく「おかしいんじゃないの?」という良くない感情を抱くのであれば、ここでやめておくべき。

自分の頭での理解を悪い意味で超えている人とは、どこまでいっても分かり合えませんから。

喧嘩になるたび、お互い違う言語で言い合いしているようなもの。

しかし、もし彼の価値観に尊敬できたり、彼と考え方が似ているなと思うのであれば、付き合う基準としては申し分ありません。

このまま関係を深めても大丈夫でしょう!

6.お互い尊重し合えるかどうか

付き合っていく上で大切なことはたくさんありますが、お互い尊重し合えるかどうかも外せないポイントです。

二人のパワーバランスがどちらかに傾くことなく、平等に保てそうなのかも付き合う基準にしましょう。

あなたは彼に尊重してもらえていると感じますか?

例えば、デートの時に色々と気遣ってもらえたり、ちゃんとあなたの意見を聞いてくれたり。

どんな些細なことでも良いので「ちゃんと大切にしてもらえている」そして「これからも大切にしてくれそう」と感じますか?

そして、あなたは彼を尊重しようと思えますか?

彼のあなたを好きな気持ちを彼の弱みだと感じ「ある程度のワガママは許されるだろう」と思う気持ちはありませんか?

もし少しでも上から目線になっているのであれば、彼を尊重する気持ちがあなたにはまだないので考え方を改める必要があります。

幸せで良好な恋人関係は、どちらかだけが無理に我慢していては成り立ちません。

お互いに必要なことは言い合えて、相手の意見も受け入れる努力をする。

それが尊重し合うということです。

そのことを改めて自分の中に落とし込んで、彼とそんな関係を築けそうかどうか考え、付き合う基準にしましょう。

おわりに

いかがでしたか?

「誰でも良いから付き合いたい!」という軽い気持ちではなく、大切なことだと思っているからこそ付き合う基準に悩むんですよね。

しかし、あなたの中での「恋愛とは」という概念はあくまであなたの概念

人の数ほど恋愛の数があるのです。

相手が変われば恋愛の内容も変わるものなので、決めつけるのではなく視野を広げて、大切なことを見極めて、今後どうするか決めてくださいね。

元記事で読む