1. トップ
  2. ファッション
  3. 完売続出!ユニクロ「ホワイト マウンテニアリング」コラボ、どれを買うべき?【全アイテム紹介】

完売続出!ユニクロ「ホワイト マウンテニアリング」コラボ、どれを買うべき?【全アイテム紹介】

  • 2021.10.22
  • 264153 views

10月15日の発売からすでに一部商品が完売!日本発のアウトドアブランド「ホワイト マウンテニアリング(White Mountaineering)」 とユニクロの初コラボアイテムは、秋冬コーデに欠かせないアウターやフリースが勢揃いしています。今からなら何を買うべき?全アイテムをCLASSY.ONLINEがレビューしました!

1. ハイブリッドダウンオーバーサイズパーカ ¥9,990

ボックスシルエットで腰位置の高さを実現

【02 LIGHT GRAY】

【09 BLACK】

【35 BROWN】

ダウンと中綿を組み合わせた、ユニクロの次世代アウター。コンパクトなボックスシルエットで、ワイドパンツやフレアスカートともバランスよくまとまります。お尻まですっぽり隠したい方は、ワンサイズアップさせるのがおすすめです。身幅、袖周りの両方が広めに作られているぶん、中に着込んでも着膨れしないのが嬉しい!袖口のマジックテープや、裾のスピンドルを調節すれば、簡単にシルエット変化を楽しめます。

2. フリースオーバーサイズモックネックプルオーバー(長袖) ¥2,990

テープリボンやパイピングがアクセントに

【01 OFF WHITE】

【09 BLACK】

【31 BEIGE】

【57 OLIVE】

ユニクロの名品「フリース」が女らしくアップデート。裾と袖にパイピング加工がコーデのアクセントになること間違いなし。ゆったりとしたシルエット&裾スリット入りで、レイヤードスタイルも存分に楽しめます。ワイドシルエットのボトムスに合わせるなら、ワンサイズ下げてもよさそう。サイドについたテープリボンは、結ばずに垂らしたままでもこなれて見えます。

3. ハイブリッドダウンオーバーサイズパーカ ¥12,900[メンズ]

ダウンと中綿を組み合わせたユニクロの次世代アウター

【09 BLACK】

【58 DARK GREEN】

【69 NAVY】

フロントのポケット4つと、「ホワイト マウンテニアリング」らしい胸元のダブルジップがコーデのアクセントに一役。肩に落ち感があるデザインなので、メンズアイテムでも着やすいデザインです。表面がツヤっとした微光沢素材を使用しているため、キレイめコーデにも取り入れやすいはず。チャックを上まで閉めてスタンドネックにしたり、ドローコードで裾を絞ったりと、シルエット変化を楽しめるのもポイントです。

4. ウルトラライトダウンオーバーサイズジャケット ¥7,990[メンズ]

サマ見えディテールで大人女子にもハマるメンズアウター

【56 OLIVE】

【38 DARK BROWN】

【09 BLACK】

絶妙なシボ感やダブルジップ、ひょうたんキルトなど、サマ見え要素満載のウルトラライトダウン。アウトドア用品に多い「リップストップ生地」を使用していることで耐久性抜群です。雨の日でも安心な撥水機能つきも嬉しい!後ろの裾がラウンドカットになっているぶん、オーバーサイズのメンズアイテムですが女性らしく着こなせます。

5. フリースオーバーサイズプルオーバー(長袖)¥2,990

気分に合わせた襟元コーデを楽しめる!

【30 NATURAL】

【32 BEIGE】

【09 BLACK】

【69 NAVY】

2種類のフリース素材をドッキングしていることで、ほっこりしすぎず、メリハリのある着こなしに。かなりビッグシルエットなので、普段よりワンサイズ下げるとよさそう。袖口はバインダー仕様になっていて、防風対策もバッチリです。小顔見えするスタンドネックのほかに、首元のボタンを開ければ、オープンカラーとしての着こなしも楽しめます。

6. フリースオーバーサイズジャケット(長袖)¥4,990

MA-1気分で着こなせる“ホワイト”らしさ満点のフリース

【09 BLACK】

【57 OLIVE】

今回のコラボアイテムの中でも、最も「ホワイト マウンテニアリング」らしいと言えるデザイン。種類の異なるフリース素材を使用しているため、レイヤードスタイルのような奥行きを演出できます。オーバーサイズに見えますが、着てみるとそこまで大きなつくりではないなので、ゆったりめに着たい方はワンサイズ上げるのがおすすめ。胸元のポケットは、中に物を入れても形が崩れない仕様になっているそう。

※店舗により取り扱い商品が異なります。
※詳しくはオンラインサイトをご確認ください。

取材/岸本真由子 編集/平賀鈴菜(CLASSY.ONLINE編集室)

元記事で読む