1. トップ
  2. 恋愛
  3. 男友達が意識しちゃう!彼女候補になるためのLINEテク

男友達が意識しちゃう!彼女候補になるためのLINEテク

  • 2021.10.21
  • 390 views

友達だと思っていた男性を好きになってしまうことは、案外よくあることですよね。今までが友達関係だったために、そこから自分を恋愛対象として意識させるのはなかなか難しいもの。

そこで今回は、『男友達に彼女候補として意識させるためのLINEテクニック』を紹介していきます。顔を合わせると、どうしても友達の雰囲気から抜け出せない…というときは、あえて顔が見えないLINEで彼にアプローチしてみましょう。

1. 連絡回数が多いことを意識させる

男友達に自分を彼女候補として見てもらうために、二人の連絡回数が多いことを彼に意識させましょう。一般的に男性は、誰とでもLINEを続けるわけではありません。

円滑にコミュニケーションをとるために数回LINEをすることはあっても、基本的には必要な用件のやりとりしか返信はしないのです。ただし、彼女や好きな女性など、自分から連絡をとりたいと思う相手とは多くのやりとりをすることが多いです。

もし、彼とLINEでやりとりすることが普段から多いのなら、二人で連絡をとりあうのが多いことに触れた会話をしてみましょう。「なんだかんだLINE続くよね」「なんかいつも連絡とってない?」「トークリストの上にいつも〇〇(彼の名前)がいるんだけど」などと、会話の中で軽く触れるくらいでOKです。

すると男性は、友達であった女性でも「こんなにやりとりが続くのは、実は気が合うのかな」「付き合ってる彼女みたいに、たくさんLINEしてるかも…」と相手の女性を意識しやすくなるのです。

2. 他の男性との関係を匂わす

男友達に自分を彼女候補として意識させるには、まず異性として意識される必要があります。

それに効果的なのが、他の男性の存在を匂わせることです。他の男性からアプローチをかけられていると匂わせれば、彼はあなたを女性として意識するようになります。人が食べているものを見て美味しそうだな…と気になるように、他の男性が女友達にアプローチしているのを知ると、自ずと自分も意識してしまうのです。

「最近〇〇(他の男性の名前)からの連絡がすごいんだよね」「実は××に行こうって誘われてるんだけど、どう思う?」など、他の男性からのアピールを相談する形で彼に話してみましょう。

3. 彼の「理想の彼女」話を振る

気になる彼には、LINEであえて相手の「理想の彼女」の話をしてみるのも、自分を彼女候補として意識させる方法のひとつです。男性が理想の彼女に思いをはせるとき、その話をする相手が女性であれば、たとえ女友達であっても多少は相手のことを意識をしてしまうものだからです。

「なんでそんなことを聞いてくるんだろう?もしかして俺のこと好き?」「俺の理想は一緒に〇〇できることだけど、彼女はどうなんだろう…」と、そこからLINEをしている相手の女性のことを考えてしまうでしょう。

LINEで友達から彼女候補として彼を意識させることができたら、会ったときの彼の対応も徐々に変わってくるので、テクニックが効いているかはすぐにわかるでしょう。

元記事で読む