1. トップ
  2. スキンケア
  3. 「壁ドン」ブームの次はコレ…!?胸キュン仕草「肌ツン」とは?

「壁ドン」ブームの次はコレ…!?胸キュン仕草「肌ツン」とは?

  • 2015.7.21
  • 720 views

「壁ドン」や「顎クイ」が昨年大ブームとなりましたが、今、それらに代わり新たに「肌ツン」に注目が集まっているんです。「肌ツン」とは、気になる男子が、自分の肌をツンと指先で触れてくること。そこで今回は「肌ツン」をしてもらうためのポイントや心の準備、肌ケア方法などに迫ります!

■「肌ツン」が最もあり得る!?

日本メナード化粧品「ビューネ 胸キュン仕草 調査チーム」が20~30代女性を対象にヒアリングを行ったしたところ、「壁ドン」や「顎クイ」には『もうキュンとしない』という意見が大半を占めるという結果になったのだとか。時代の流れは本当に速いものですね…。

そこで新しく登場してきたのが、肌を突っつく「肌ツン」、耳元でそっとつぶやく「耳つぶ」、背後からハグして女子の袖をまくる「袖クル」です。なかでも最もハードルが低く、それほど接近しなくてもできる肌ツンは、恋人未満の男女でも現実に起き得るため、リアル妄想に火をつける胸キュン仕草なのではないかといわれています。

■「肌ツン」されやすい肌ってどんな肌?

「肌ツン」されるための準備としては、素肌の美しさをいかにアピールするかにあるようです。ではここで、美しいすっぴん肌づくりのコツを3つご紹介!

(1)帰ったらすぐにメイクオフ!

素肌を美しく保つには、メイクはできるだけ必要なときだけにして素肌への負担を減らすこと。家に帰ったらすぐにメイクオフするのが基本。手の平でクレンジング剤を温めてから使うと、肌とよくなじんで汚れが落ちやすくなります。

(2)手洗顔はNG!ホイップクリームのような泡洗顔を

スキンケアに欠かせない洗顔。実は「手で優しく洗う」は間違い。正解は、ホイップクリームのようなたっぷり泡で洗うこと。手が肌に触れないように、泡だけで洗い、摩擦を防いで肌の負担を極力減らしましょう。

(3)保湿できたかどうかのチェックを

毎日のスキンケアのあと、化粧水や美容液をつけただけで満足していませんか? 大事なのはきちんと肌に浸透しているかどうか。目安は手に吸い付くくらいのもっちり感! 足りない場合はさらに水分を補ったり、小鼻の脇や口元など細かいところまで丁寧に保湿し、結果を重視しましょう。

これからブームになること間違いなし(!?)な肌ツン。みなさんも、スキンケアをしっかり行って肌ツンされるツルスベ美肌を目指しましょう!

(LBR編集部)