1. トップ
  2. グレタさん母、涙ながらに明かす幼少期の苦悩と成長 密着ドキュメンタリー映画本編映像

グレタさん母、涙ながらに明かす幼少期の苦悩と成長 密着ドキュメンタリー映画本編映像

  • 2021.10.18
  • 247 views
映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』場面写真 (C)2020 B‐Reel Films AB, All rights reserved. width=
映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』場面写真 (C)2020 B‐Reel Films AB, All rights reserved.

スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリの素顔に迫ったドキュメンタリー映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』より、本編映像が解禁。グレタの母親が、摂食障害だった娘の成長ぶりに感極まって涙を流す姿を収めている。

【動画】摂食障害からのグレタさんの成長ぶりに涙を流す母 『グレタ ひとりぼっちの挑戦』本編映像

2019年の「フォーブス」誌にて“世界で最も影響力のある女性”に選出され、同年の「タイム」誌でも“今年の人”として紹介された、世界で最も有名な若き環境活動家グレタ・トゥーンベリ。

本作は、気候問題に関する専門的知識と揺るぎない覚悟を持ち、国連総長アントニオ・グテーレスやフランスのマクロン大統領、ローマ教皇など世界のリーダーらと議論を重ねていく様を最も身近なところで寄り添うように捉えていくと同時に、世界から注目を集める1年以上前から彼女に密着し、犬や馬と戯れるリラックスした姿のほか、アスペルガーの症状について冷静に自身で分析する姿、重圧と向き合い葛藤する姿、彼女のさまざまな行動を支える家族の姿も映し出す。

今回解禁されたのは、グレタの母マレーナが、グレタと共にお菓子作りをしながら、摂食障害だった娘が他人と食事ができるようになるまで成長したことに感極まって涙を流す場面。グレタは8歳の頃に、学校の授業で世界中の海に浮かぶプラスチックごみがテーマの映画を見たことをきっかけに塞ぎこむようになり、食事もまともにとれなくなる。後に彼女はアスペルガー症候群、強迫性障害と診断された。

共にお菓子を作りながら、「あなたが小さい頃は、レシピどおり完璧に作ることにこだわっていた。だからママも、ちゃんとレシピに従うようになったの。その方が上手に作れた」と振り返る母マレーナ。続けて「あなたが他人と一緒に食べるなんてね。数年前には想像すらできなかった。まるで夢のようだわ。驚くほど良くなって…」と涙ぐむ。

そんな母親を見て笑顔を見せながらも、マイペースに作業をするグレタ。そして完成した“見た目は悪いけど、愛情がこもってる”お菓子を前に、2人で声を上げて笑う。国連で披露した有名な“怒りのスピーチ”のイメージが強いグレタの意外な素顔、そして母と娘の絆がにじみ出る、胸を打つ場面となっている。

メガホンをとったネイサン・グロスマン監督は「アスペルガー症候群で率直に自分を表現するグレタのような人物が、この活動のアイコンになれるなんて本当に素晴らしいこと」とコメント。2019年にはグレタ本人もSNSで「アスペルガーは病気ではなく、1つの才能。アスペルガーではなかったら、こうして立ち上がることはなかっただろう」と語っている。

グレタが学校を休んでストライキすることを非難されたり、娘をそそのかしたのではないかと誤解されることも多いグレタの家族。しかし本作を見れば、家族が彼女の意志を尊重しサポートを続けたことによって、何も食べられず話せなかった状態から驚くほど回復して現在に至ることを知るだろう。

映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』は、10月22日より全国公開。

映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』本編映像

元記事で読む