1. トップ
  2. ダイエット
  3. 股関節周りをほぐすだけ◎1日5回〜【脚太を“原因から”予防する】簡単習慣

股関節周りをほぐすだけ◎1日5回〜【脚太を“原因から”予防する】簡単習慣

  • 2021.10.16
  • 17778 views

脚太の意外な原因の1つが「股関節」。運動不足や長時間のデスクワークなどによって股関節が凝り固まると、冷えやむくみが生じやすくなったり、骨格や骨盤の歪みにつながったりなどの影響を及ぼします。そこで習慣に採り入れたいのが股関節周りをほぐす効果の高いピラティスの簡単エクササイズ【ニーリングサイドキック】です。

ニーリングサイドキック

片脚を上げて、脚を前に蹴り出していくエクササイズです。日常生活ではあまりしない動きで、凝り固まった股関節をほぐしていきましょう。

(1)ひざ立ちになり、左腕を横に付いて上半身を左に倒す

股関節周りをほぐすだけ◎1日5回〜【脚太を“原因から”予防する】簡単習慣

(2)右手を頭の後ろにおいて右脚を上げる

股関節周りをほぐすだけ◎1日5回〜【脚太を“原因から”予防する】簡単習慣

▲右脚は床と平行になるように上げます

(3)息を吸いながらお腹を薄くし、お腹を薄くしたまま息を吐きながら股関節から動かすように前方にキックする

股関節周りをほぐすだけ◎1日5回〜【脚太を“原因から”予防する】簡単習慣

これを1日あたり5回〜を目安に繰り返し、その後反対の脚も同様に実践します。なお、期待する効果をきちんと得るためにはただ脚を動かすのではなく、「脚をお尻から動かすイメージで行うこと」「胸を開き、背中をまっすぐにキープすること」の2つがポイント。脚を動かしていくうちに、腰がだんだんと後ろに引けてしまいやすい(下写真)ので注意しましょう。

股関節周りをほぐすだけ◎1日5回〜【脚太を“原因から”予防する】簡単習慣

▲脚を動かすうちに腰の位置が後ろに引けてしまわないように注意!

股関節周りの柔軟性は下半身のスタイルに直結します。最近「下半身のスタイルの崩れが気になる…」という方ほど、ぜひ積極的に取り組んでみてくださいね。<ピラティス監修:Minami(WECLEインストラクター/インストラクター歴4年)>

元記事で読む