1. トップ
  2. グルメ
  3. 赤城フーズ『カリカリ甘梅』『懐かしのカリカリ梅』えっ?カリカリ梅って、まだ50歳!? 意外と新しい定番商品の歴史に迫る!

赤城フーズ『カリカリ甘梅』『懐かしのカリカリ梅』えっ?カリカリ梅って、まだ50歳!? 意外と新しい定番商品の歴史に迫る!

  • 2021.10.15
  • 3409 views

カリカリ梅は、知らない人はいないくらい有名な食べ物として定番化している商品。しかし、実はその歴史はまだ50年ほどだということをご存知だろうか。赤城フーズでは、このほどカリカリ梅の開発50周年を記念した『カリカリ甘梅』『懐かしのカリカリ梅』を発売した。意外と歴史の新しい「カリカリ梅」誕生秘話について、実際に食べながら、その歴史に迫ってみたい!

カリカリ梅は、なんと梅の大不作から誕生した!

今ではすっかり定番化した、おなじみの食べ物「カリカリ梅」。昔からよく食べていたという人も多いだろう。

日本で初めて「カリカリ梅」の商品化に成功した赤城フーズ株式会社(群馬県前橋市)では、このほどカリカリ梅開発50周年を記念した『カリカリ甘梅』『懐かしのカリカリ梅』(各150g・通販・直販店販売価格 432円・発売中)の販売を開始した。

「えっ!? カリカリ梅って、まだ商品化されてから50年しか経っていないの? 」と驚きの声を上げた人も多いだろう。梅干のように古来から親しまれてきたのでは? という印象を持ってしまいそうだが、全国的に広まって50年という意外と新しいものだったという驚き。さらに、50年でここまで人々に浸透しているという点も驚異的だ。

カリカリ梅は、現在では漬物というより、スナックタイプの食品として高い知名度を誇っている。実は、赤城フーズが開発したきっかけは、なんと梅の大不作だったという。

昭和44年(1969年)に発生した群馬の梅の大不作により、漬物メーカーとして梅製品を手がけてきた赤城フーズは大ピンチに陥った。原料不足が深刻だった窮地を救ったのが、農家の自家用梅漬だったそう。群馬県だけでなく、長野県北部の農家にまで足を伸ばして駆け回り、お願いして梅漬をかなりの量確保でき、見事にピンチを脱することができたという。

当時の梅製品といえば柔らかいのが当たり前の時代だった。しかし、農家の自家用梅漬の中に、硬い梅が3樽ほど含まれていたという。

「カリカリ甘梅」のエネルギーは、なんと16kcalとヘルシー

当時の社長が試しに食べてみると、「カリッ!」とした食感。「これは面白い! 商品になるかも知れない!」と閃いたそうだ。そして、梅漬けを集めてきた農家を訪ね歩き、ようやくの思いで長野で民間伝承されているこの硬い梅の漬け方を教わることができたとのこと。その後工場で作れるように研究開発し、カリカリ梅を世に送り出したのが赤城フーズだったということだ。この出会いがなければ、現在のカリカリ梅は存在しなかったと思うと感慨深い話だ。

それでは、実際に食べてみて、カリカリ梅の歴史に思いを馳せてみよう!

定番で人気が高い「カリカリ甘梅」

まずは「カリカリ甘梅」から。こちらは赤城フーズの定番商品を代表するだけあって、商品パッケージに「カリカリ梅開発50周年」のロゴマークがデザインされている。

それでは、ひと口かじってみる。カリッといい音を立てる。

甘酸っぱく、それでいて後味がフルーティでさっぱりする。さすが定番の人気商品。他のカリカリ梅とは違う、納得の味わいだ。

さっぱりながら食べごたえ抜群「懐かしのカリカリ梅」

続いて「懐かしのカリカリ梅」を試食。カリカリ梅の元祖・赤城フーズが自信を持って記念商品として発売しただけに、日本人好みのかつお節風味が実家のような安心感。

この「懐かしのカリカリ梅」は、個包装された当初から愛されている「梅ごとく」をアレンジして、50周年記念商品として新発売したもの。新しいのに、なぜか懐かしい食感と味が満足感を与えてくれる商品だ。

伝統的なカリカリ梅だけど常に新しい! 食べるたびに新鮮な気持ちになれる

常に身近な存在の「カリカリ梅」が、実は、私達が今のように「カリカリ梅」を食べられるようになったのは、まだ50年しか経っていない、比較的新しい食べ物だったという、新たな発見があった。

「カリカリ甘梅」「懐かしのカリカリ梅」は、赤城フーズのネットショップ「あかぎカリカリ堂」、または量販店などで購入できる。

元記事で読む