1. トップ
  2. レシピ
  3. 【これは簡単!?素直に読めば正解が見えてくるはず!】「岩魚」は何と読む?

【これは簡単!?素直に読めば正解が見えてくるはず!】「岩魚」は何と読む?

  • 2021.10.14
  • 3951 views

そのまま素直に読むと「いわざかな」ですね。

岩のように固いウロコがある魚のイメージができてしまいますが、発音としては遠からずです。

「岩の魚」と書いて何と読むのでしょうか?

 

「岩魚」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「い〇〇」の3文字の魚です。

ヒント➁ 渓流にいる、ヤマメに似ている魚です。

 

「岩魚」の読み方の正解は・・・・?

イメージ

正解は、「いわな」です!

 

渓流釣りをする人ならお馴染み、「渓流の王様」とも呼ばれている、いわゆる「トラウト」のサケ科の魚です。

生息地は綺麗な川で、近年では山奥の方でしか見る事ができなくなってしまいましたね。

 

岩魚は地方によって、「イモナ」や「エノハ(九州)」、「キリクチ(和歌山県)」なんて呼び方もされているくらい、昔から日本人にも親しまれてきた魚の一つです。

もちろん食べても美味しい岩魚ですが、実は貪欲な肉食性でプランクトンや水中の昆虫のほか、なんと木から落下するカエルや蛇なども食べてしまうんです!

そのため、ルアーにもよく反応するため恰好のフィッシング対象魚でもあります。

釣り人にも食通の人にも愛される、そんな魚が岩魚です。

元記事で読む
の記事をもっとみる