1. トップ
  2. インテリア
  3. 北欧インテリアにぴったり。ウッドフレームソファのあるおしゃれな実例14選

北欧インテリアにぴったり。ウッドフレームソファのあるおしゃれな実例14選

  • 2021.10.14
  • 14051 views

ウッドフレームソファって?

ウッドフレームソファは、木枠ソファともいわれ、ひじかけや脚、座面を支える部分に木が使われているソファです。 木を用いたデザインはあたたかみがあり、北欧インテリアの主役となってくれるアイテムです。

ウッドフレームソファのメリット

・ 木の家具となじみやすい
・ 華奢なデザインで、圧迫感がない
・ 長く使うと経年変化も楽しめる

ウッドフレームソファのデメリット

・ フレームが固いので横になる使い方には不向きなことも

ウッドフレームソファをおしゃれに使いこなしているインテリア実例をまとめました。

ナチュラルですっきり、ファブリック素材のウッドフレームソファ

肘かけのないタイプのウッドフレームソファ。unicoの「ALBERO」シリーズのもの。小さなお部屋でもすっきりと見えますね。

こちらは同じALBEROシリーズの3シーターのもの。背もたれをとると、簡易ベッドとしても活躍するそうです。

ウッドフレームソファは背面から見たデザインも綺麗なので、間仕切りとして利用するのにもぴったりです。

脚のデザインが華奢で、ツーシーターでも圧迫感の少ないウッドフレームソファを、リビングとダイニングの間仕切りに。

一人暮らしのお部屋にもぴったりなコンパクトなサイズ感のソファは、Natural Signature のもの。

ファブリックタイプなら、布地のカラーも豊富なので、お部屋の雰囲気に合わせて選べることもポイントです。こちらはRe:CENOで買われたもの。

こだわって選ぶなら、他の家具ともデザインの揃ったものを。こちらのお部屋では、デンマークスタイルの「テーパー」と言われる先細りになった脚の家具で揃えられています。

ヴィンテージ感をプラスする革素材のウッドフレームソファ

お部屋に重厚感をプラスしてくれる、革素材のウッドフレームソファ。こちらのお部屋では、木のテーブルを合わせると重くなりすぎるためガラストップのローテーブルと組み合わせ活用していらっしゃいます。

ソファとオットマンで、あえて違う素材のものを合わせるのも素敵ですね。こちらはTRUCK FURNITUREのもの。

いくつか違う種類のソファを集めると、カフェっぽい空間になりますね。茶色いソファはACME FURNITURE、黒いソファはカリモク60。

長年愛されているカリモク60のウッドフレームソファ

50年以上変わらないデザインが愛されている、カリモク60のソファ。こちらはカリモクらしいグリーンのファブリックがお部屋の主役にぴったりのKチェア2シーター。

コーヒーテーブルを挟んでオットマンを対面に置くレイアウト。深みのあるグリーンはヴィンテージ感のあるインテリアにもよく似合いますね。

一人がけのものを選べば、一人暮らしのワンルームにも似合いますよ。

日本人の体格にぴったりとフィットするデザインで、「包み込まれるような抜群の座り心地が最高」なんだそう。

元記事で読む