1. トップ
  2. 恋愛
  3. 君しか見えない!彼女に「ベタ惚れ中」の彼氏がついやってしまうこと

君しか見えない!彼女に「ベタ惚れ中」の彼氏がついやってしまうこと

  • 2021.10.14
  • 1123 views

好きになりすぎてドツボにはまった恋愛をした経験、あなたにもありますか?
好きで好きでベタ惚れしてしまうと、周りが見えなくなり、驚く行動をしてしまう事がありますよね・・・。実はそれ、男性も同じなんです!
ベタ惚れしてしまった彼女に対しては、自分が止められず、普段はしないような行動をしてしまうことがあるみたい。男性がベタ惚れした女性にしてしまう行動を、早速みていきましょう。

何はともあれ「まずLINE」

好きでたまらない彼女がいる男性は、何はともあれ、まずLINE。連絡が取れなくては大切な人と会話ができなくなってしまうので、携帯は常に手元においておきます。即レスが基本で、スグに返事が返ってきます。

好きでベタ惚れ中だと「迷惑」と言う言葉が抜け落ちるのか、彼女からの連絡を待つだけではなく、自分からたくさん送っちゃうという男性も多く、「毎日夜に今日あったことを送るのが日課」「ずっとやりとりしていたくて、たくさんLINEしちゃう」「自分から定期便みたいに送ってしまう」という男性の意見もありました。

ベタ惚れ中の彼女のSNSは秒でチェック

ベタ惚れ中の彼女のことは、とにかくどんなことでも知っておきたいというのが恋愛中の男性の心理。彼女のSNSはぜんぶフォローしていて、UPされれば秒でチェックします。
「何をUPしたのかな?」「どんな写真?」「何書いたのかな?」なんて、気になって仕方がないのです。いいねもコメントも一番につけたいと思います。
彼女の投稿の内容と同じくらい気になってしまうのが、いいねをしている男性や、コメントをしている男性の存在。彼女と少しでも親密そうだと、ヤキモキして相手の男性のアカウントを隈なくチェックしてしまうこともあるみたいですよ。

男友達の前でもイチャイチャ

彼氏が、自分の男友達の前でもイチャイチャしようとするのは、完全に周りが見えなくなっている証拠です。男性は同性の前だとある程度冷静になるもので、彼女にもちょっとそっけなくなったりするのが普通です。
でも二人でいるときの彼と態度が変わらず、男友達の前でもイチャイチャベッタリなんて状態は、彼があなたにベタ惚れ状態の証拠です。
あまりにもイチャイチャすると、男友達とも気まずさが出てくるので、やんわり「後でね」といなすのが正解かも。

彼女のわがままは全力で叶える

ベタ惚れ中の男性は、彼女に「嫌われたくない」「好かれたい」「カッコイイ自分を見せたい」の3点を主に考えています。そのためこの3つを叶えるために、自分の出せる能力をすべて出そうと頑張ります。彼女のちょっと無理めなお願いも、全力で叶えようと努力するのです。

もちろん無理難題すぎるお願いは呆れられてしまいますが、それでも「○○に行きたい」とか、「洋服買うの付き合って」と言われると、それが男性にとって興味のないことでも、彼女の喜ぶ顔が見れるなら「はい!喜んで♡」と、尻尾を振ってニコニコ付いていくのがベタ惚れ中の男性の行動なのです。

すぐに「ゴメンね!」と言ってしまう

大好きでベタ惚れ中の彼女には、「絶対に嫌われたくない!」「嫌われる事だけは避けたい」と思っています。そのため喧嘩になりそうな雰囲気を察知すると、すぐに全力で謝ります。
女性がワガママで理不尽な事を言ってその場の雰囲気が悪くなったとしても、自分が謝ってその場が納まるなら、すぐに謝罪。ごめんねマシーンとなってしまうのです。

女性は「謝ってばかりいる男性は嫌だ」と怒る人もいますが、実はそれベタ惚れ中の男性の行動でもあるのです。好きだからこそ嫌われたくない、彼女と上手くやっていきたいからこそ謝ってしまう彼の気持ちも、優しく汲み取ってあげましょう。

記念日はゴージャスに!特別感を出す

男性は大好きでベタ惚れしている彼女に、サプライズをするのがとっても好きです。「彼女の喜ぶ顔が見たい!」その一心で、お金や労力を沢山使って、それが楽しいと思ってしまうのがベタ惚れ中の男性の心理です。
女性からすると「キザじゃない?」「ちょっとベタ過ぎない?」というような、定番すぎるお姫様デートを女性が喜ぶと思っている男性は未だに多く、必死にお金を掛けて、ディナーやお花を準備して頑張ってくれます。
ベタ惚れしていればしているほど、彼はあなたに惜しみないお金と労力をつぎ込んで、記念日やイベントを祝おうとするのです。

男性も女性にベタ惚れしていると、アレコレ尽くしてしまうもの。あなたの彼氏はどのように接してくれていますか?今回の項目に当てはまっているなら、まだまだあなたにベタ惚れ状態。ラブラブ続行中です。より良い関係を継続させながら、幸せな恋愛を続けて行ってくださいね。

元記事で読む