1. トップ
  2. ダイエット
  3. 痩せるために“今すぐできること”は? ダイエット専門家が推奨【簡単痩せテク】とは

痩せるために“今すぐできること”は? ダイエット専門家が推奨【簡単痩せテク】とは

  • 2021.10.14
  • 13271 views

いま一番気になっていることが「痩せること」と言う方は少なくないと思います。そのためには、食事や運動をきちんと管理することが必須。でも、「それが難しい!」のが現実です。そこで今回は“痩せる”ために今すぐできることを探るべく、ダイエット専門家が推奨する4つの【簡単痩せテク】をチェックしてみましょう。

(1)お腹痩せには“ウォーキング”がおすすめ

年齢を重ねるとともに気になってくるのがお腹周りの贅肉です。そんなお腹のサイズダウンに「ウォーキングが最も効果的」と語るのがイギリスでパーソナルトレーナーをしているカーリー・ロウェナさん。

「歩くだけなんて本当?」と思いますが、カーリーさんによれば「体にもストレスや負担が少ないし、抜群の燃焼効果が魅力。しかも歩くことはお腹の深い筋肉に最初に効く」とのこと。お腹周りの贅肉が悩みという方は早速“たくさん歩くこと”を日々の習慣にしてみましょう。

(2)エクササイズは“有酸素運動だけ”はNG

エクササイズを実践するとき1つの種類だけに集中しがちですが、「有酸素運動だけをしている人が多いけれど、それだけではダメ」と語るのは料理レシピが好評を集めるダイエットコーチのジョイ・バウエルさん。

痩せるために“今すぐできること”は? ダイエット専門家が推奨【簡単痩せテク】とは

ジョイさんによれば「痩せると新陳代謝が低下するので筋トレもきちんとするのが鍵」とのこと。その理由はダイエットして減量に成功すると筋肉も落ちてしまうからだそうで、1週間に2〜3日は筋トレも実践するようにするのが“痩せるコツ”とのことです。

(3)フルーツの摂取は“14時まで”にする

「フルーツを摂取するなら14時までと決めているの」と語るのは、独自のピラティスエクササイズが人気のキャッシー・ホーさん。

なぜなら「フルーツに含まれる糖分が夜になる間までには燃やされてエネルギーになるから」だそうです。また、フルーツに含まれる“果糖”は血糖値を緩やかに上げる効果があり、血糖値を急激に上げるパンや麺類などと比べて低血糖状態になりにくく急激にお腹が空くことを抑えてくれるので、食事前に食べることも効果的と言えそうです。

(4)“ダイエット”という言葉を使わない

「そもそも“ダイエット”という言葉を使うこと自体がNG」と注意を喚起するのが、フィットネス界のカリスマ、カイラ・イッツィンスさん。

カイラさんによれば「ダイエットという言葉にはマイナスなイメージがあるので、辛い、キツいなどネガティブなマインドに陥りやすい」からだそう。たしかにダイエットをやめるとその反動で食べ過ぎてしまったり、動かなくなってしまったりとリバウンド真っしぐらな行動に陥りやすいものです。だからこそ、ダイエットという言葉を使うのはできるだけ止めて、楽しくポジティブなマインドで過ごせるようにしましょう。

運動や食事をコントロールするだけでなく、気持ちのコントロールだってダイエット効果を左右するというのは納得できるはず。ぜひポジティブマインドで今回紹介した【簡単痩せテク】を実践してみてくださいね。

元記事で読む