1. トップ
  2. ファッション
  3. スカートとロングブーツを繋いで。今どきなバランスが叶うコーデテク【海外スナップ】

スカートとロングブーツを繋いで。今どきなバランスが叶うコーデテク【海外スナップ】

  • 2021.10.13
  • 8471 views

スカートとロングブーツを組み合わせるとき、ご紹介する海外インフルエンサーたちは細身すぎないブーツを選び、あえて足元に重さを出していました。そうすることできれいめに傾きすぎず、モードでスタイリッシュな表情を演出することができます。

■1:ジッタ・バンコは…定番の黒で繋いだスカートとブーツは、プリーツのディテールが鍵

トップスの袖をブラウジングし、素肌を見せると隙ができて好バランスです。
トップスの袖をブラウジングし、素肌を見せると隙ができて好バランスです。

ドイツにて、ブロガー、スタイリストとして活躍するジッタ・バンコ。参考にしやすい、黒のスカートとブーツを使ったコーディネートを披露しました。

スカートとロングブーツをベーシックカラーである黒で統一する場合、プリーツスカートのように動きの出るものを選ぶと同色でもメリハリをつけることができます。エレガントなスカートの裾から、スタイリッシュな筒型ポインテッドトゥブーツを覗かせかっこよさを両立。

トップスはダークグリーンのニットを選んで、秋らしい配色を意識していました。シックな色合わせなので、クリアバッグで抜け感を授けるとパーフェクトです。

■2:デボラ・レイナー・セバッグは…ピュアホワイトの柔らかさに反するスパイシーなブーツを活用

ミモレ丈スカートから覗く、やや太めフォルムのパイソン柄ブーツが存在感を放ちます。
ミモレ丈スカートから覗く、やや太めフォルムのパイソン柄ブーツが存在感を放ちます。

デジタルクリエイター、ファッションコンサルタントのデボラ・レイナー・セバッグをパリ ファッションウィーク中のストリートでスナップ。ブーツの存在感が際立つよう、ミモレ丈のスカートを活用していました。

ぱきっとしたシャープな白が表情を明るく演出してくれるニットプルオーバーに、オフホワイトのスカートを添えてグラデーションをメイク。フェミニンな印象の着こなしに、真逆なイメージのスパイシーなパイソン柄ロングブーツを合わせたことで、それぞれの存在感を引き立てることに成功しました。またブラウンを選ぶことで、白コーデの穏やかさはそのままキープ。

黒バッグ投入で引き締めながら、チャンキーチェーンのゴールドブレスレット、差し色となる赤のストーンリングをプラスしメリハリアップに繋げて。

■3:ジェラルディン・ブーブリルは…ベージュ×ブラウンの穏やかな配色を頼りにモードを堪能

モードな要素が多くとも、穏やかなベージュとブラウンのおかげでトゥーマッチになりません。
モードな要素が多くとも、穏やかなベージュとブラウンのおかげでトゥーマッチになりません。

スタイリスト、ファッションコンサルタント、家具ブランド『Things From』の創設者であるジェラルディン・ブーブリル。NYファッションウィークには、ベージュとブラウンという穏やかな配色にモード要素をミックスした、垢抜けた着こなしで登場。

この秋も人気なベージュとブラウンの組み合わせですが、ジェラルディンはレザー素材を基調としたことで上品さの中にモードを融合させ、こなれた印象へと導きました。さらにタイトスカートの延長線上にパイソン柄ロングブーツを置けば、スタイリッシュな雰囲気がぐっとアップ。レザーやパイソン柄を使ってもきつくならないのは、品の良いベージュとブラウンだからこそ。

今っぽいバランスが楽しめる、スカートとロングブーツの組み合わせをご紹介しました。

このボトムコーデなら、シンプルなトップス合わせでも絵になる装いに仕上がります。ご紹介した三人の着こなしを参考に、是非チャレンジしてみてくださいね。

元記事で読む